明日の朝、観覧車で

明日の朝、観覧車で

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

夜明けまで、まだ100km。私が変わるまで、あと30時間。歩き続ける、青春小説!夜通しかけて100kmを歩く催しに、一人で参加した高校生のみちる。完歩の自信もなく、早々にリタイアしようとした時、謎かけのような言葉で自分を励ます初老の男性と出会う。その人と歩くうち、脳裏に浮かんできたのは、ある事故をきっかけに変わってしまった家族のこと。『100km!』改題。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
電子版発売日
2015年08月14日
紙の本の発売
2015年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

明日の朝、観覧車で のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2015年08月23日

    三河湾100Km歩け歩け大会の体験に基づいた『明日の朝、観覧車で』(著:片川優子)を一気に読んでしまいました。ただ歩くだけなのに、かけがえのないものが得られる不思議さが蘇りました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年01月11日

    おじさんの企てで100キロウォークに参加することになってしまった主人公の女子高生・みちる。
    時には1人で、時には出会った人と一緒に100キロという長い道のりを歩く中で、自分自身や家族を見つめ直していく。途中リタイアの誘惑に駆られながらも足を運んでいくみちるの姿に感動を覚える。
    短いページ数ながら、満...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年10月03日

    あらすじ(背表紙より)
    夜通しかけて100kmを歩く催しに、一人で参加した高校生のみちる。完歩の自信もなく、早々にリタイアしようとした時、自分を励ます初老の男性と出会う。その人と歩くうち、脳裏に浮かんだのは、ある事故をきっかけに変わってしまった家族のこと。歩き続ければあの日に戻れるだろうか。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています