マニ教

マニ教

作者名 :
通常価格 1,815円 (1,650円+税)
獲得ポイント

9pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

キリスト教がもっとも恐れた謎の世界宗教の全貌。世界初の包括的入門書。ゾロアスター・イエス・仏陀の思想を綜合し、古代ローマ帝国から明代中国まで東西両世界に流布しながら今や完全に消失した「第4の世界宗教」。「この世」を悪の創造とし全否定する厭世的かつ魅力的なその思想の全貌を、イラク・イラン、中央アジア、北アフリカ、ヨーロッパ、中国に亘りあまねく紹介する世界初の試み。(講談社選書メチエ)

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社選書メチエ
電子版発売日
2015年07月24日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
12MB

マニ教 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年07月30日

    世界三大宗教に大きな影響を与えたゾロアスター教、
    キリスト教、仏教の思想を結合したマニ教。
    ある意味パクリとも捉えられしまう程、他宗教の思想を吸収し、神格を変化させてしまう不思議なマニ教。

    現代では完全消滅し、日本では布教されていない宗教の為に馴染みが無い。しかし、本書は軽妙な語り口が功を成し
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年11月30日

    軽妙な筆致で、マニ教文献の再現過程、マーニーの生涯とその思想、マーニー後の歴史等がつづられる。特にマーニーの生涯と思想の件(くだり)は、筆者の目線によるツッコミが随所にちりばめられ、読みながらフイてしまうこともしばしば。たしかに時代も文化背景も違う現代のわれわれからは、古い宗教的要素は珍妙に見えるこ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月07日

    アウグスティヌスが若いころに入信していたとは聞くが、なかなかその全貌が分かりにくマニ教についての本。なかなかここまで全体像を解説した本も少ないのではないだろうか。

    内容は、マニ教の史料の発見史、マーニーの生涯を追い、その教理を説明するととともに、さまざまな宗教を飲み込みながら成立し、人工の宗教とい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年02月12日

    アウグスティヌスの「告白」を読んで以来、マニ教については気になっていたが、無精して辞典を引いた程度にしか調べなかった。

    今回、入門書として本書を購入し、一読。マニ教の教義をはじめ、開祖マーニー・ハイイェーの生涯、マニ教教会の歴史と各地への伝播の様子を知ることができた。

    マニ教が、この世界を「光と...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年01月28日

    マニ教についての概説本。マニ教についての研究、マニ教の概説、教祖マーニーの生涯、マニ教の盛衰まで書かれている入門書。

    マニ教を知るうえでは便利な本だと思う。今まで、あまり語られていない宗教だが、中世のアラブ圏、欧州圏の宗教、文化の理解には必要なものかもしれないと、この本を読んで思った。

    個人的に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年07月15日

    本書では、キリスト教から異端として徹底弾圧され、イスラム教徒の戦いに敗れたのち、中国で14世紀まで生き残った「マニ教」の盛衰を描かれている。
    マニの想像力のたくましさに驚くと同時に、滅びたために「壮大なるいかさま」と中傷を受けるこの世界宗教の底知れなさに慄然とした。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています