誰にも死ぬという任務がある

誰にも死ぬという任務がある

作者名 :
通常価格 682円 (620円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

誰にも平等に訪れる「死」について書かれた含蓄深いエッセイ。
貴賎、男女、善人、悪人、そして老若を超えて「死」は訪れる。
事故や突然死といった、前もって知ることのできない「死」はともかく、人は病気や老齢になることで徐々に死に向かうことを自覚していく。
そのとき「死」をどうとらえるか。
キリスト教者として神の存在を信じ、神への感謝の日々を持ち、世界各地で人だけではなく動物や植物の「死」を目の当たりにしてきた著者ではならでの生死感は、読む者の心をうつ。
死に向かう心構えを綴る名エッセイ集である。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
シティブックス
電子版発売日
2019年03月01日
紙の本の発売
2014年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

誰にも死ぬという任務がある のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2015年05月13日

    著者のスタンスには賛成できかねる所もあるのだが、タイトルに惹かれて買った一冊。

    身近に死と向き合う際には、再読したい本だ。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています