今こそ「奨学金」の本当の話をしよう。 貧困の連鎖を断ち切る「教育とお金」の話

今こそ「奨学金」の本当の話をしよう。 貧困の連鎖を断ち切る「教育とお金」の話

作者名 :
通常価格 902円 (820円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

奨学金を借りる大学生の割合は5割を超え、延滞者も約20万人と増え続けている。一方、メディアでは奨学金タタキの言説が目立つ。給付型奨学金もいよいよはじまるが、その欠点は各所で指摘されている通りだ。しかし、奨学金はサラ金より悪質で、本当に若者を救っていないのだろうか?叩くだけでは何も解決しない。本書では、奨学金のみで東大に合格、ハーバードに通った著者が問題の本質を分析し、改革のための9つの提言を行う。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 社会問題
出版社
ポプラ社
掲載誌・レーベル
ポプラ新書
ページ数
176ページ
電子版発売日
2018年12月07日
紙の本の発売
2018年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
7MB

今こそ「奨学金」の本当の話をしよう。 貧困の連鎖を断ち切る「教育とお金」の話 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年07月21日

    著者の経験のみならず、データでの裏付けがあるので説得力があった。
    奨学金に関して、ずっと"借金"と思っていた部分もあったが、ただ"借金"という言葉だけが一人歩きしていて、もっと本質を見る必要があった。
    ただの奨学金肯定だけでなく、教育関係という分野において考え...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年02月09日

    奨学金にまつわる様々な問題を、メリット・デメリットどちらかに偏ることなく、豊富なデータをもとに分析しています。日本社会の教育とお金を考えるうえで必読の書だと思います。本の中で提言されている「奨学金減税」はぜひ実現してほしい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年03月11日

    昨今マスコミが騒ぐ”奨学金”問題を客観的に分析し、(高等)教育とお金にまつわる問題を冷静に論じています。冷静なだけにまともな意見であり、昨今の”奨学金叩き”のような内容と比べたらあんまり面白くないかもしれません。「日本学生支援機構(旧育英会)の奨学金はサラ金より酷い」とか、「金持ちじゃないと東大には...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年03月31日

    とても説得力がある。私が見たことのある、経験したことのあることと矛盾しない。留学してしまえ、は正しい。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年03月18日

    <目次>
    プロローグ  親の年収ゼロだけど奨学金で東大・ハーバードに行けた
    第1章  検証「奨学金地獄」~なぜ奨学金は社会問題となったのか
    第2章  貧乏でも東大に行けるのか?~日本の「教育とお金」
    第3章  海外の教育事情と奨学金制度
    第4章  教育格差をなくすための9つの提言

    <内容>
    現在大...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています