私この度、王国騎士団独身寮の家政婦をすることになりました(1)

私この度、王国騎士団独身寮の家政婦をすることになりました(1)

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「な……何!? このキラキラ王子様たちは……」来月で三十歳になる鈴原梓紗は『貯金が趣味』のオヒトリサマ。
己の枯れっぷりに虚しさを感じる深夜残業帰り、誰かにお尻を押されて電車の前に転がり落ちた――はずなのに、なぜだか見知らぬ場所でむさ苦しい男たちに囲まれていた! 娼婦と間違われ襲われそうになった梓紗を助けてくれたのは『王国騎士団』の騎士たち。
キラッキラな美形ばかりの騎士たちは梓紗を『渡り人』と呼び恭しく傅き、過保護なまでに世話を焼き、ごく自然に姫抱っこをする。恋愛経験値が低い梓紗はそんな彼らに「アラサーにそんなことさせて、ごめんなさい」と内心、大パニック。
異世界から来た『渡り人』は国の保護対象となるらしく『姫扱い』で王城に迎え入れられものの、バリバリに働いてきた梓紗は優雅な生活になじめない。元の世界に帰る方法を探すためにも「働きたい」と言い出した梓紗に、国王は『王国騎士団独身寮の家政婦』として勤めることを勧めてきて……

カテゴリ
TL
ジャンル
TL小説
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
eロマンスロイヤル
電子版発売日
2018年11月30日
紙の本の発売
2018年11月
サイズ(目安)
18MB

私この度、王国騎士団独身寮の家政婦をすることになりました(1) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年12月11日

    三十路を前に、事故で異世界に転移してしまった梓紗。盗賊に襲われた梓紗を助けてくれたのは、王国騎士団だった。騎士様達は、驚くほどにキラキラした美形ばかりで…?

    アラサー異世界転移、逆ハーレムもの。

    私はハーレムも逆ハーレムも何でもござれなんだけど、ヒーロー全員がキラキラ系王子様というコンセプトのせ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    myoura 2019年07月02日

    やらかす男達に対してヒロインがやたら甘く優しい対応しかしてなくて読んでて結構イライラした
    そして何よりヒロインの性格が受け付けないし
    ヒーロー達も魅力がない人達ばかりだった

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    覚えきれない

    Ray 2018年12月01日

    登場人物多過ぎる。ヒロインに気がある人だけでも7〜9人?はいて全員横文字名。挿絵も少ないから益々辛い。話の進みも遅いし(1巻ではまだ働き始めてない)。殆どのイケメンがヒロインの外見+はにかみだけで落ちる…。続きを買う気にならない。後、ハーレム状態の話なのに後書きで自分の贔屓はこの人とかいきなり言うっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

王国騎士団独身寮の家政婦 のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 私この度、王国騎士団独身寮の家政婦をすることになりました(1)
    「な……何!? このキラキラ王子様たちは……」来月で三十歳になる鈴原梓紗は『貯金が趣味』のオヒトリサマ。 己の枯れっぷりに虚しさを感じる深夜残業帰り、誰かにお尻を押されて電車の前に転がり落ちた――はずなのに、なぜだか見知らぬ場所でむさ苦しい男たちに囲まれていた! 娼婦と間違われ襲われそうになった梓紗を助けてくれたのは『王国騎士団』の騎士たち。 キラッキラな美形ばかりの騎士たちは梓紗を...
  • 私この度、王国騎士団独身寮の家政婦をすることになりました(2)
    兵団入団試験にトップ合格した者には『麗しの渡り人』からご褒美の『ちゅー』!? 『王国騎士団独身寮の家政婦』として騎士たちの食事を作るようになった梓紗。楽しく働いていたのだが、国王クレマンテと宰相イスハックの計略のせいで、気軽な家政婦生活もままならない。『渡り人』の存在を公表されたうえに、断りもなく兵団試験の賞品にまでされていた!! しかも『ちゅー』?? 外を自由に歩くこともできない...
  • 私この度、王国騎士団独身寮の家政婦をすることになりました(3)
    アラサーおひとりさまの梓紗は、異世界で『王国騎士団独身寮』の家政婦として働く日々。でもなぜかキラキラのイケメンたちに次々と求婚されてしまい――。夫を八人持つ???? 無理むりムリです! しかも、キラッキラな美形たちはプロポーズ合戦後、梓紗の愛を得ようと互いを牽制し始める始末。だから! まず好きですって告白して両想いになって、恋人としてお付き合いをして、それからお互いの親に挨拶...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています