自分の顔が嫌すぎて、整形に行った話

自分の顔が嫌すぎて、整形に行った話

作者名 :
通常価格 1,188円 (1,080円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「整形して人生変えたい。自分を好きになりたい」
幼少期から10年以上、ブサイクな顔に苦しんできた日々。そんな人生を変えるために選んだのが、「整形」だった――
生きづらい人生の葛藤と解放を描いた、衝撃のノンフィクションマンガ。

ブサイクは整形をするとどうなるのだろうか?
ずっと妹とくらべてきた母、女は就職して結婚して子供を産むのが一番と長年言ってきた父、
「寝てるのか~(笑)」とからかってきた同級生の男子、「目、開いてる~?」といじってきた上司。
頭では人は人、自分は自分、とわかっていても心がついて来なくて辛かった日々だった。
ブサイクだった自分が、ブサイクと向き合って、整形して歩んできた人生をありのままに描きます。

『マンガで分かる心療内科』原作者で精神科医のゆうきゆう先生コメント
「外側を変えれば、内側も変わる。美人にも、そうでない人にも読んでほしい」。

「否定され続ける人生に共感して涙」「まるで自分を見ているよう」「生きる勇気をくれてありがとう」など、圧倒的反響を呼んだ7話に50ページ以上の描きおろしを追加。
生きづらさを感じるすべての女子に読んでほしい傑作です。

カテゴリ
少女・女性マンガ
ジャンル
女性マンガ
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
コミックエッセイ
電子版発売日
2018年11月30日
紙の本の発売
2018年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
50MB

新刊オート購入

自分の顔が嫌すぎて、整形に行った話 のユーザーレビュー

    購入済み

    整形するとかしないとか

    ねねや 2018年11月30日

    親の言葉によって作られたコンプレックスと、付随する『もっと頑張らなきゃ』という自分の意識。がんじがらめに縛られた筆者さんがもがきながら、表面も内面も、自分で自分を再構築していくエッセイでした。
    整形、という言葉だけで倦厭するのはもったいない。何か息苦しい、つらい、そういう思いを抱えてる人は一度手に取...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年05月03日

     コミックエッセイが読みたいターンだった時に買ったやつです。

     実際に整形をした作者さんが、整形をするまでの葛藤と整形後の葛藤を描いた漫画でした。

     作者さんは、幼い頃に親から言われたことがきっかけで整形を考えることになって、整形をする前もしてからも「それがバレないか?」って葛藤をしているわけな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

自分の顔が嫌すぎて、整形に行った話 に関連する特集・キャンペーン