堕ちていく女たち【分冊版】1

堕ちていく女たち【分冊版】1

作者名 :
通常価格 275円 (250円+税)
獲得ポイント

1pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「そうあたしは自分の存在価値が欲しかった」録に働きもせず、女遊びを繰り返してばかりいる夫・恭介。たとえ、家政婦としか見られていなくとも自分を必要とする彼と別れられずに、志津は空虚な日々を送っていた。日に日に酷くなっていく恭介の女遊び。そして、ついにスナックの女を家に住まわすまでになり…。そんな中、自身の妊娠が分かり、「私だけを必要としてくれる生き物」が出来た志津は…。

カテゴリ
少女・女性マンガ
ジャンル
女性マンガ
出版社
秋水社ORIGINAL
掲載誌・レーベル
素敵なロマンスミステリー
ページ数
46ページ
電子版発売日
2018年12月04日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
12MB

新刊オート購入

堕ちていく女たち【分冊版】1 のユーザーレビュー

レビューがありません。

堕ちていく女たち【分冊版】 のシリーズ作品 1~38巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~38件目 / 38件
  • 堕ちていく女たち【分冊版】1
    「そうあたしは自分の存在価値が欲しかった」録に働きもせず、女遊びを繰り返してばかりいる夫・恭介。たとえ、家政婦としか見られていなくとも自分を必要とする彼と別れられずに、志津は空虚な日々を送っていた。日に日に酷くなっていく恭介の女遊び。そして、ついにスナックの女を家に住まわすまでになり…。そんな中、自身の妊娠が分かり、「私だけを必要としてくれる生き物」が出来た志津は…。
  • 堕ちていく女たち【分冊版】2
    「僕は詩織さんの”特別”になりたかった」私の家の屋根裏には、年下の不倫相手が住んでいる。でも、本当に特別なのは夫だけ…。大企業に勤める夫はいつも帰りが遅く、もう私のことなんて構いやしない。だから、その寂しさからテレクラで若い年下男子の蓮を捕まえた。一夜限りのつもりだったけど、彼の孤独なところに自分を見てしまい、度々密会するように。ところが、夫が転勤で東京本社に戻ることになったか...
  • 堕ちていく女たち【分冊版】3
    「そうよ 私は誰よりもよくしってたわ 夏美が私のことずっとバカにしてたってこと」私と夏美は幼なじみでした。彼女は地味な私と比べ、容姿端麗で何事も上手くこなすことができる、すごく高いプライドの持ち主でした。…だからでしょうか? 私にバレエの主役の座ばかりか、好意を寄せる男も奪われたから…、嫉妬に狂った彼女が、私をトラックの前に突き飛ばし殺そうとしたのは…。―表題作ほか、幸せはお金で買...
  • 堕ちていく女たち【分冊版】4
    「だったらなんであたしを捨てるのォ!?」インテリア雑誌の編集をしている親友の美咲は、いつも華やかなオーラを身に纏い、寄ってくる男をすぐに批評してばかり。ある日、彼女から半ばムリヤリ連れてこられたお見合いパーティで、大病院の御曹司・戸石さんと知り合い、彼の友人含め何度かグループデートするようになったんだけど…、戸石さんは美咲よりも私のほうを気に入ってくれて…、彼とお付き合いするこ...
  • 堕ちていく女たち【分冊版】5
    躾に厳しい家で育った茉莉子は、極度の潔癖症。それが原因で男によくフラれ、時には薬を過剰に服用、自殺未遂を引き起こす。たまたま合コンで出会った、キレイ好きだが粗暴な男・龍之(たつし)に惹かれて付き合うようになった彼女は、実家の門限もよく破るようになり、独り暮らしをするように。慣れない生活に悪戦苦闘するも、頻繁に部屋を訪れる龍之との甘いひと時は、彼女に束の間の幸福をもたらしたよ...
  • 堕ちていく女たち【分冊版】6
    「体はあなたにあげるから顔は私にちょうだい」幼少より容姿のせいで苛められ、暗い地味な半生を過ごしてきた友美。半年前に見合い結婚した夫とは今も仮面夫婦だ。しかしある日、隣に引っ越してきた夫婦の存在がその空虚な日々を変えた。その隣人夫は、友美が幼少より密かに想いを寄せてきた実兄に瓜二つだった! 彼に恋してしまった友美。だが、その想いは次第に狂気を孕み、自身の顔の整形ばかりか、つい...
  • 堕ちていく女たち【分冊版】7
    「誰が見たってあたしのほうが正しいんだから」優柔不断だが優しい夫、まだ幼く可愛い我が子と共に、念願の新築一戸建てにやっと住めるようになった多恵子。しかし、多恵子としてはどうしても許容できない性癖を持つ姑とも、同居せざるを得なくなってしまった。最初はまだ我慢していた多恵子だったが、腰を痛め入院した実父の見舞いから帰ってきたとき、眼前には身の毛もよだつ光景が…。
  • 堕ちていく女たち【分冊版】8
    糖尿病で入院していた姑と同居することになった道子。内心はイヤイヤながらも、退院後の食事療法には献身的に付き合ってきたつもりだった。しかし、姑は食べたいものを食べられない苛立ちから道子に罵詈雑言を吐くようになっていく。頭にきた道子は、逆に自分も少しずつ嫌がらせをしかけていき、ついに、ある事件をきっかけに完全に優位な立場に。だが、その手を緩めることはせず、さらにある恐ろしい罠を...
  • 堕ちていく女たち【分冊版】9
    幼少時は最悪な家庭環境だった。両親は揃って育児放棄。父は幼い私に対し性的虐待。そしてそれに気付きながらも全く無関心の母親。だから、私は中学を卒業すると同時に家を飛び出して一生懸命に働き、今や小さいながらもちゃんとした出版社で、この若さで編集長を任されるまでになった。だが、血の繋がりはそう簡単に切れない。最悪な毒親である父は、多額な借金を今もつくり続け、それを私に背負わせよう...
  • 堕ちていく女たち【分冊版】10
    「私は…生まれてきちゃいけなかったの……?」繰り返される性的虐待。呪われた自身の出生の秘密を知ってしまった女は…。ある夜、私は自動車事故で両親をいっぺんに亡くした。父からずっと汚らしいものを見る目つきで軽蔑され生きてきた。その自動車には私も乗っていたのに、最後まで一緒に連れていってはくれなかった。なぜ軽蔑されていたのかも最後まで分からず仕舞い。悲しみに浸るまもなく、伯父のもとに世...
  • 堕ちていく女たち【分冊版】11
    「私は…生まれてきちゃいけなかったの……?」繰り返される性的虐待。呪われた自身の出生の秘密を知ってしまった女は…。ある夜、私は自動車事故で両親をいっぺんに亡くした。父からずっと汚らしいものを見る目つきで軽蔑され生きてきた。その自動車には私も乗っていたのに、最後まで一緒に連れていってはくれなかった。なぜ軽蔑されていたのかも最後まで分からず仕舞い。悲しみに浸るまもなく、伯父のもとに世...
  • 堕ちていく女たち【分冊版】12
    「あんたたちなんか初めから親でも兄弟でもない」私は家族から愛されたことがない。親はいつも兄や姉の味方ばかり。だから買い物依存症に陥り、多額の借金を背負ってしまった。なのに、兄姉たちは結婚もして幸せそう。…私の何が悪かったっていうの!? みんなでグルになって私を疎んじて…っ! そうよ、あいつらなんか家族じゃない。そう決意した私は、家族を崩壊させ、借金を完済するためにある方法を思いつい...
  • 堕ちていく女たち【分冊版】13
    互いに実家が和楽の家元であり、幼馴染でもある菅谷田鶴と梶原誠一は相思相愛。良家どうしの婚約はとても目出度く、周りからも祝福のムードしかなかった。だがある日、菅谷流の真の後継者を自称する「美樹」という田鶴と同い年の女が現れ、事態が一変。なんと、田鶴と美樹は互いが新生児のとき、田鶴の実母により病院内ですり返られていたというのだ! そして、さらに田鶴の実父が殺人犯とわかり…。急速に周...
  • 堕ちていく女たち【分冊版】14
    「男なんて みんなそう せっかく助けてあげても改心するヤツなんて1人もいない」それは、ある冬の朝の日のことでした。一人の結婚詐欺師の男が、山の中を警察に追われ、もう少しで捕まりそうになっていました。もうダメだ! と思ったとき、突然男の前に、天空へと続く巨大な豆の木が現れました。ああ、助かったぞ! と、男は喜び、いそいそと登りました。登った先には、一人の美女が住む豪邸がある楽園で、男...
  • 堕ちていく女たち【分冊版】15 ブス、整形、戸籍乗っ取り
    「あたし自分がきらいなんです 生まれ変わって幸せになりたいんです」男の取り合いで女友達を殺した。彼女はその彼の婚約者。なら、私が彼女になりすませば…。幼い頃から容姿のせいでずっと苛められてきた私。しかも、両親は二人とも事故で他界した。そんな不幸のどん底にいた私に、唯一優しい声をかけてくれたのが晃一。彼を本気で好きになり、やっと付き合えたと思ったら、友人に寝取られた! だから彼女...
  • 堕ちていく女たち【分冊版】16 血の婚礼~白人画家のセフレとなって~
    「日本にいる間のただの慰み者!?」アラサーの榧子(かやこ)は、親からの見合いの勧めに辟易する日々。そんな中、ある呉服屋で着物モデルを探していたイギリス人見習い画家・ジムと出会う。すぐさま互いに惹かれた二人は、その日から画家とモデル、そしてセフレの関係に。やっと女としての幸せを掴みはじめたと思えた榧子だったが、モデル用の着物に袖を通す度、見知らぬ女の陰惨な記憶が幻覚として見える...
  • 堕ちていく女たち【分冊版】17 死者の子どもを想像妊娠
    「アヤカのお腹はどんどん膨らんでゆく オレ達の罪を内包しているかのように――」密かに想いを寄せていた男が死んでから半年後、女はおかしくなっていた。その死を認めぬばかりか…。―大学時代、同じ演劇サークルに入っていた、オレ、コウ、アヤの三人。仲が良く一緒につるんでたけど、半年前、不幸な事故が原因でコウは死んでしまった。…アヤがコウに、密かに想いを寄せていたことは知ってる。でも、だから...
  • 堕ちていく女たち【分冊版】18 不倫女vs. 婚活女
    「あんたなんてただのパラサイト女じゃないっ」自立を目指すも不倫に陥る女と、金目当ての婚活を繰り返す女。幸せなのはどっち?―親から半分ネグレクトされて育った伊咲は、誰にも頼らず自分の力で生きていくことを信条としていた。そのため、ほとんど遊ばず日夜、資格の勉強。一方、友人である愛子は、そのルックスと愛嬌の良さだけで、誰かに頼ることで今まで生きてきた。そんな愛子を密かに見下すも、今...
  • 堕ちていく女たち【分冊版】19 ストーカーは女友達
    「なによっ そうやって初美も結局あたしのこと捨てるの!?」私に依存する有名アーティストの女友達・里緒菜。もともとメンヘラ気味ではあったけど、あることをきっかけに私へのストーカーと化し!?―里緒菜とは中2の時からの付き合い。当時、彼女は家が貧しいのに加え、親子仲が良くなく、孤独だった。そんな里緒菜と唯一仲が良かったのが私。だからからか、大人になり有名アーティストとなった今でも、彼女は...
  • 堕ちていく女たち【分冊版】20 メンヘラは血を好む~リスカだけでは物足りない~
    「血の温かさだけが私を癒してくれる」リストカットを繰り返す、情緒不安定な謎めいた美女・早紀。編集者の飛澤(とびさわ)は、そのプライベートに興味を持ちディナーに誘うが、早紀の元カレたちが次々と謎の失踪を遂げている、という事実を知り…!?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています