どこかでだれかも食べている
  • 完結

どこかでだれかも食べている

作者名 :
通常価格 866円 (788円+税)
紙の本 [参考] 1,045円 (税込)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

作品内容

ひとりで食べても、だれかと食べても――。
「食べる」ことから、やさしいドラマが生まれる。

実家のロールキャベツの味、初めてはんぺん入りおでんを作った日、
願いと共に齧り付いた恵方巻、結婚を決めたチャーハンの店、
小さいころから数えきれないほど食べたカレー……。

どこかでだれかも食べている、あの食べ物から生まれたやさしいものがたり。
ほわっと胸があたたかくなるオノ・ナツメ初のフード・コミックです。


〈menu〉
プリン・ヨーグルト/お弁当屋/冬至/焼き芋ふかし芋/つつむもの/残業パン/クッキー裏返し/留守番の味/ブルーベリー/食卓の真ん中にのぼるもの/ポテトサラダ/温泉まんじゅう/おでんのはんぺん/クリスマスケーキ/鏡開き/恵方巻/海藻サラダ/おにぎり・おにぎらず/立飯/チャンジャチャーハン/夏・山・カレー

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春e-book
ページ数
144ページ
電子版発売日
2018年11月16日
紙の本の発売
2018年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
26MB

    Posted by ブクログ 2018年11月23日

    オノさんのやさしいごはんコミック。クリスマスケーキを渡すサンタさん気分に、夏・山・カレー! はんぺんてそんなに膨らむのかと思う関西人。冬至のかぼちゃの炊いたやつとゆず湯もいいなぁ。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています