ビッグデータを支える技術 刻々とデータが脈打つ自動化の世界

ビッグデータを支える技術 刻々とデータが脈打つ自動化の世界

作者名 :
通常価格 3,196円 (税込)
獲得ポイント

15pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

(概要)
多彩な技術の集合体。
ビッグデータの今。
スマホで買い物をして,翌日には届けてもらえる。たとえば,このような身近な場面でも,背後では決済/在庫管理/配送をはじめとした複数のシステムが連携して動いています。
コンピュータの性能向上に伴い,機械学習をはじめとした,データを活かすシステム開発への期待は高まる一方です。今後,システム規模の大小を超えて「データ処理そのものをシステムの一部とする」技術への需要は増していくでしょう。
データ処理をどのようにシステム化するか。
本書ではこのエンジニアリングの問題に主軸を置き,可視化を例に,一連のデータ処理に必要な要素技術を整理しデータを効率良く扱うための土台を作り,その上でシステムの自動化をサポートする種々の技術を追っていきます。

ジャンル
出版社
技術評論社
ページ数
304ページ
電子版発売日
2018年11月14日
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2019年03月03日

技術者としてビッグデータを始めたいときの最初の一冊として良いと思う。
私(ともう一名の仲間)はこれでビッグデータの言葉と意味を覚えて現場に旅立った。
実際、とりあえず読んで理解すれば知ったフリをして話すことができる程度にはなる。

あとはそこから詳しい本を使って覚えていけばいい。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています