カプリチョーザ 愛され続ける味

カプリチョーザ 愛され続ける味

作者名 :
通常価格 1,404円 (税込)
獲得ポイント

7pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

【内容紹介】
トマトとニンニクのスパゲティ、イカとツナのサラダ、元祖シチリア風ライスコロッケ……。
圧倒的なボリューム、本場の味わい、アットホームな雰囲気で創業以来愛され続けるイタリアンレストラン「カプリチョーザ」。
日本のイタリア料理に革命を起こした元祖「大盛」イタリアン創業シェフ・本多征昭物語。

【著者紹介】
[著]神山典士(こうやま・のりお)
1960年埼玉県入間市生まれ。信州大学人文学部卒業。
96年『ライオンの夢、コンデ・コマ=前田光世伝』にて第三回小学館ノンフィクション賞優秀賞受賞。2012年度『ピアノはともだち、奇跡のピアニスト辻井伸行の秘密』が青少年読書感想文全国コンクール課題図書選定。14年「佐村河内守事件」報道により、第45回大宅壮一ノンフィクション賞(雑誌部門)受賞。
「異文化」「表現者」「アウトロー」をテーマに、様々なジャンルの主人公を追い続けている。近著に『知られざる北斎』(幻冬舎)がある。

[監修]本多惠子(ほんだ・けいこ)
株式会社伊太利亜飯店 華婦里蝶座代表取締役社長。
1972年、カプリチョーザ創業シェフ・本多征昭と結婚し、78年に東京・渋谷に6坪の小さなイタリアンレストランを開店。
当時はまだイタリア料理が高級で、ごく一部の人たちのための料理だったが、本場の味を手頃な価格、たっぷりのボリュームで提供するスタイルで話題を呼ぶ。
「すべては、美味しいという笑顔のために」という情熱、創業者のレシピを受け継ぎながら、新しい美味しさを提案している。

【目次抜粋】
まえがき
第1章 カプリチョーザ40年、「美味しさ」の秘密
第2章 本多征昭物語、その1
第3章 1960年代イタリア修業~国立エナルク料理学校
第4章 1970年大阪万博・イタリア館コックとしての凱旋
第5章 本多征昭物語、その2~本多を知る人々
第6章 チェーン展開という冒険
第7章 本多征昭物語、その3~早すぎる旅立ち
終章
あとがき

ジャンル
出版社
プレジデント社
ページ数
228ページ
電子版発売日
2018年11月01日
コンテンツ形式
EPUB

「カプリチョーザ 愛され続ける味」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2018年11月10日

若くして亡くなったカプリチョーザの創業者である中村さんの人生について記載している書籍。本場イタリアで学んだことを活かし、イタリアの食文化を日本に伝えていくために創業した。チェーン店化する前の創業期は大きなプレートに大盛りにして提供、チェーン店化してからもソースは自ら作って各店に配送など、お客様を喜ば...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,646

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!