ゲノム編集の基本原理と応用 ZFN,TALEN,CRISPR-Cas9

ゲノム編集の基本原理と応用 ZFN,TALEN,CRISPR-Cas9

作者名 :
通常価格 2,860円 (2,600円+税)
獲得ポイント

14pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

2012年のCRISPR-Cas9の開発によって、ゲノム編集はすべての研究者の技術となり、基礎から応用の幅広い分野における研究が競って進められている。

本書は、ライフサイエンスの研究に興味をもつ学生をおもな対象に、ゲノム編集はどのような技術であるのか、その基本原理や改変方法について、できるだけ予備知識がなくとも理解できるように解説した。さらに、農林学・水産学・畜産学や医学など、さまざまな応用分野におけるこの技術の実例や可能性についても記載した。

2016年末に刊行した『ゲノム編集入門』(ISBN 978-4-7853-5866-2、裳華房)より全体的に難度を低くし、より多くの読者に興味をもってもらえるように配慮したつもりであるので、若い研究者がこの本によって、ゲノム編集技術を積極的に取り入れ、さまざまな分野で基礎研究と応用研究を意欲的に進めていくことの一助となれば幸いである。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 理工
出版社
裳華房
ページ数
176ページ
電子版発売日
2018年10月23日
紙の本の発売
2018年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
21MB

ゲノム編集の基本原理と応用 ZFN,TALEN,CRISPR-Cas9 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年06月12日

    2020年ノーベル化学賞を受賞したのは,ゲノム編集技術CRISPR-cas9を開発したEmmanuelle CharpentierとJennifer Doudnaである。

    本書はゲノム編集について,原理から応用まで簡単にまとめられた教科書である。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月23日

    コンパクトにまとまっており要点を整理するのに大変参考になった。比較的新しい内容も盛り込まれており進展の早いこの分野における入門用として今のところ1番良いのではないかと思った。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています