解体新書&蘭学事始(福沢諭吉も感動で涙した<苦難と挑戦の人間ドラマ>)

解体新書&蘭学事始(福沢諭吉も感動で涙した<苦難と挑戦の人間ドラマ>)

作者名 :
通常価格 328円 (299円+税)
獲得ポイント

1pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

これは江戸時代の「プロジェクトX」だ!!
平賀源内も惚れ込んだ夭折の天才絵師・小田野直武による『解体新書』図版を完全収録!

『解体新書』だけでなく杉田玄白が晩年に書いた『蘭学事始』と、それをもとに菊池寛が書いた小説版『蘭学事始』も同時収録した豪華版!

――『解体新書』と『蘭学事始』――
本書には『解体新書』の人体解剖図を収録しています。この図版を描いたのは秋田蘭画の中心人物として活躍した天才画家、小田野直武です。
本書にはさらに、杉田玄白が『解体新書』完成にいたるまでの奮闘と、蘭学の草創から隆盛までを臨場感あふれる筆致で描き出した『蘭学事始』も完全収録。
良沢たちが『解体新書』翻訳に奮闘する様子を描いた、感動の人間ドラマ『小説・蘭学事始』も同時収録しています。

日本の近代文化の礎を築いた大事業ともいわれる『解体新書』の翻訳……。そこには、江戸版「プロジェクトX」といってもよい、感動が数多く詰まっているのです。本書を開けば、その感動が怒濤のごとく押し寄せてくるでしょう。

福沢諭吉が感動のあまり涙を流しながら読んだという杉田玄白の『蘭学事始』。蘭学者たちが困難を乗り越えていく様に、現代を生きる私たちの魂もきっと激しく揺さぶられるはずです。
―――――――――――――――
【本書の内容】
・はじめに
・杉田玄白について
・前野良沢について
・小田野直武について
・『解体新書』人体解剖図版(小田野直武・画)
・『蘭学事始』(杉田玄白・筆)
・小説『蘭学事始』(菊池寛・筆)

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
BCCKS Distribution
掲載誌・レーベル
江戸歴史ライブラリー
電子版発売日
2018年10月12日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
7MB

解体新書&蘭学事始(福沢諭吉も感動で涙した<苦難と挑戦の人間ドラマ>) のユーザーレビュー

レビューがありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

作者のこれもおすすめ

無料あり
応仁の乱

応仁の乱

  • ブラウザ試し読み

無料あり
芥川の事ども

芥川の事ども

  • ブラウザ試し読み

無料あり
仇討禁止令

仇討禁止令

  • ブラウザ試し読み

無料あり
イワンの馬鹿

イワンの馬鹿

  • ブラウザ試し読み

無料あり
島原の乱

島原の乱

  • ブラウザ試し読み

無料あり
田原坂合戦

田原坂合戦

  • ブラウザ試し読み

無料あり
父帰る

父帰る

  • ブラウザ試し読み

無料あり
奉行と人相学

奉行と人相学

  • ブラウザ試し読み