時空戦艦「大和」日本沈没を救え(1)

時空戦艦「大和」日本沈没を救え(1)

作者名 :
通常価格 330円 (300円+税)
獲得ポイント

1pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

2004年8月激しい地震と高潮に洗われながら、太平洋岸から海洋国日本はその姿を没しようとしていた。東京大学海洋研究所の水沢博士は1年後の日本列島沈没を予測した。直ちに天童総理に報告され今後の対応を進言する。秘密裏に移住・移民計画が推進され、国連の協力により1億2000万の大移動が実行された。不幸中の幸いで、沖縄を含む南西諸島だけはその惨禍を免れ、辛うじて日本は存続することができたのである。西暦2013年、科学の粋を結集した時航機『やしま』は日本政府の期待を一身に浴び1942年12月6日、太平洋戦争が今まさに始まろうとする時代に飛び立った。日本沈没を救うため、過去にさかのぼり歴史を書き換えようというものである。その使命を預かったのは安武龍一、寺崎保、木代伸介の3人であったが…。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 戦記(フィクション)
出版社
コスミック出版
掲載誌・レーベル
コスモノベルズ
ページ数
204ページ
電子版発売日
2018年10月05日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

時空戦艦「大和」日本沈没を救え(1) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

時空戦艦「大和」日本沈没を救え のシリーズ作品 1~7巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~7件目 / 7件
  • 時空戦艦「大和」日本沈没を救え(1)
    2004年8月激しい地震と高潮に洗われながら、太平洋岸から海洋国日本はその姿を没しようとしていた。東京大学海洋研究所の水沢博士は1年後の日本列島沈没を予測した。直ちに天童総理に報告され今後の対応を進言する。秘密裏に移住・移民計画が推進され、国連の協力により1億2000万の大移動が実行された。不幸中の幸いで、沖縄を含む南西諸島だけはその惨禍を免れ、辛うじて日本は存続することができたのである。西暦2013年、科学の粋を結集した時航機『やしま』は日本政府の期待を一身に浴び1942年12月6日、太平洋戦争が今まさに始まろうとする時代に飛び立った。日本沈没を救うため、過去にさかのぼり歴史を書き換えようというものである。その使命を預かったのは安武龍一、寺崎保、木代伸介の3人であったが…。
  • 時空戦艦「大和」日本沈没を救え(2)
    2004年8月激しい地震と雷鳴、そして高潮に洗われながら、海洋国日本はその姿を没した。それより1年前、東京大学海洋研究所の水沢博士は1年後日本列島沈没を予測していた。報告は直ちに天童総理にもたらされ国連の協力により1億2000万人の大移動が実行された。不幸中の幸いで、沖縄を含む南西諸島だけはその惨禍を免れ、辛うじて日本は存続することとなった。西暦2013年、科学の粋を結集した時航機『やしま』は日本政府の期待を一身に浴び1941年12月6日、太平洋戦争が今まさに始まろうとする時代に飛び立った。日本沈没を救うため、過去にさかのぼり歴史を書き換えるために。その使命を担ったのは安武龍一、寺崎保、木代伸介の3人。安武は山本五十六長官に近づき事の顛末を説明し、やがて開戦後の展開が安武の言う通りとなったため信頼を得るが、軍部は容易に受け入れようとはしなかった。絶好調、草薙圭一郎渾身の書下ろしシミュレーション第2弾!
  • 時空戦艦「大和」日本沈没を救え(3)
    2004年、日本は地殻変動によりその姿を没した。沖縄を含む南西諸島だけはその惨禍を免れ、辛うじて日本は存続することとなったが、大半の日本民族は流浪の民と化した。西歴2013年、科学の粋を結集した時航機『やしま』は、過去にさかのぼり日本の歴史を書き変えるべく、日本政府の期待を一身に浴び1941年12月6日、太平洋戦争が今まさに始まろうとする時代に飛び立った。その使命を担ったのは安武龍一、寺崎保、木代伸介の3人。安武の助言により真珠湾奇襲に際し「エンタープライズ」「レキシントン」を撃沈。3人は山本五十六の信頼を得て東条内閣や軍部の後ろだての下、新兵器の開発指導が威力を発揮、「サラトガ」「ホーネット」を次々血祭りにあげた。ドリットルB25編隊もジェット戦闘機「震電」の餌食となり、「大和」の主砲がトドメをさした。絶好調、草薙圭一郎渾身の書下ろしシミュレーション第3弾。
  • 時空戦艦「大和」日本沈没を救え(4)
    2004年、日本は地殻変動によりその姿を没した。沖縄を含む南西諸島だけはその惨禍を免れ、辛うじて日本は存続することとなったが、大半の日本民族は流浪の民と化した。西暦2013年、科学の粋を結集した時航機『やしま』は、過去にさかのぼり日本の歴史を書き変えるべく、太平洋戦争が今まさに始まろうとする時代に飛び立った。その使命を担ったのは安武龍一、寺崎保、木代伸介の3人。安武の助言により真珠湾奇襲で「エンタープライズ」「レキシントン」を撃沈。3人は山本五十六の信頼を得て東条内閣や軍部の後ろだての下、新兵器の開発、超高速機動部隊の設立、樺太油田の開発、蒋介石との講和と着々と手を打っていった。一方、米国は巻き返しを計るべくフレッチャー少将率いる機動部隊がガダルカナルを急襲、戦場は南太平洋での決戦へと展開された。絶好調、草薙圭一郎渾身の書下ろしシミュレーション第4弾。
  • 時空戦艦「大和」日本沈没を救え(5)
    2004年、日本は地殻変動により沖縄、南西諸島を残しその姿を没した。2013年、科学の粋を結集した時航機『やしま』は、過去にさかのぼり日本の歴史を書き変えるべく、太平洋戦争が今まさに始まろうとする1941年に飛び立った。その使命を担ったのは安武龍一、寺崎保、木代伸介の3人。3人は山本五十六の信頼を得て東条内閣や軍部の後ろだての下、新兵器の開発、樺太油田の開発、蒋介石との講和と着々と手を打っていた。連合艦隊は「大和」「武蔵」「翔鶴」「瑞鶴」を中心とした超高速機動部隊を編成し、次々と押し寄せてくる米艦隊と果てしない激闘を繰り広げてゆく。絶好調、草薙圭一郎渾身の長編書下ろし架空戦記第5弾。
  • 時空戦艦「大和」日本沈没を救え(6)
    2004年、日本列島は地殻変動により沖縄、南西諸島を残しその姿を没した。2013年、科学の粋を結集した時航機『やしま』は、過去にさかのぼり日本の歴史を書き変えるべく、3人の男を乗せ太平洋戦争が今まさに始まろうとする1941年に飛び立った。3人は山本五十六の信頼を得、新兵器の開発、樺太油田の開発、蒋介石との講和と着々と手を打ち、太平洋戦争の歴史を次々と塗替えていった。連合艦隊は「大和」「武蔵」「翔鶴」「瑞鶴」を中心とした高速超機動部隊を編成、次々と押し寄せてくる米艦隊と激闘を繰り広げ、遂に、ハワイを強襲占領することに成功した。しかし、歴史の流れは徐々にゆがみ、170万のソ連大軍がソ満国境に押し寄せ関東軍は敗走していったが…。意表をついた発想で描くスーパーエンターテイメント架空戦記。
  • 時空戦艦「大和」日本沈没を救え(7)
    2004年、日本列島は地殻変動により沖縄、南西諸島を残しその姿を没した。2013年、科学の粋を結集した時航機『やしま』は、過去にさかのぼり日本の歴史を書き変えるべく、3人の男を乗せ太平洋戦争が今まさに始まろうとする1941年に飛び立った。3人は山本五十六の信頼を得、新兵器の開発、樺太油田の開発、蒋介石との調和と着々と手を打ち、太平洋戦争の歴史を次々と塗替えていった。連合艦隊は『大和』『武蔵』『翔鶴』『瑞鶴』を中心とした高速超機動部隊を編成、ミッドウェー、ハワイを強襲占領。パナマ運河の破壊、『富岳』による西海岸爆撃と米国を容赦なく攻め立てる。更に、ヒトラーの要請によりドイツ軍と共同でスエズ運河の攻略、地中海の英軍を撃滅すべく『大和』を旗艦とした第一高速超機動部隊は長征の途についた。意表をついた発想で描くスーパー架空戦記いよいよ第7部突入。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

コスモノベルズ の最新刊

無料で読める 歴史・時代

歴史・時代 ランキング