暴食のベルセルク~俺だけレベルという概念を突破する~ THE COMIC 1

暴食のベルセルク~俺だけレベルという概念を突破する~ THE COMIC 1

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

暴食《スキル》が真の姿を見せたとき、少年の運命が動き始める――

スキルの優劣が絶対の世界で
《暴食》という腹が減るだけのスキルを持って生まれた少年フェイト。
無能と蔑まれ、
危険で薄給な城の門番で日銭を稼ぐ最底辺の生活を強いられていたある日、城に侵入した賊を仕留めたことで《暴食》の真の能力、「殺した相手のスキル、能力を奪い取る」力が発動する――

無能スキルで下剋上!GCノベルズで人気のダークファンタジーのコミカライズがいよいよ登場!!

原作の一色一凛先生書き下ろし小説も収録!

WEBコミック誌「コミックライド」Vol.21~Vol.25
同単話版単話版1話から~5話を収録

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
マイクロマガジン社
掲載誌・レーベル
ライドコミックス
シリーズ
暴食のベルセルクシリーズ
電子版発売日
2018年09月28日
サイズ(目安)
61MB

新刊オート購入

暴食のベルセルク~俺だけレベルという概念を突破する~ THE COMIC 1 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    購入済み

    チート

    まさはる009 2020年12月07日

    能力にチートさを感じるが、続きが気になる

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    割といい

    ペイ 2020年12月06日

    まぁハマる人にはハマりますね。暴食というだけあって、食事シーンが多いのですが、なかなかに食欲をそそられる描画でした。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    設定がしんどそう

    砂肝 2020年12月02日

    敵を倒し続けないと飢餓に追い込まれる能力ってのが新しいけど、最終的に主を襲いそう。

    相手に触れると考えていることが解る能力とかかえって邪魔だったんじゃない?

    とか考えてしまった。

    まだ1巻しか読んでないので先がどのように展開するのか楽しみではあります。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    内容が薄い

    くろ 2020年12月04日

    設定や能力などどこかで見たことがあるようなものばかりです。話はサクサク進み、よく言えばテンポがいいですが、ページ数が少ないため内容が薄く感じます。全164ページ、その内連載前の読み切りver.と書下ろし小説が30ページ程あるため実質本編は130ページほどとなります。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    ゴンベ 2020年12月19日

    主人公フェイト、最初の方は悲惨ですね。
    特に絡んでくる聖騎士3人にイライラします。
    あの中で我慢できだからこそ、能力を発現することができたのですが…
    でも一番はロキシー様!
    もっと出てきて欲しいです!

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    コーフィー 2020年12月18日

    ガンガン強くなるけれど、
    気楽にではなく、飢餓で苦しみ、
    戦いに駆り立てられて強くなっていくさまは面白く感じました。
    不安をしいて言うなら
    剣の切れ味が良すぎることは
    今後の戦闘を少しつまらなくしてしまうかな、と。

    このレビューは参考になりましたか?

暴食のベルセルク~俺だけレベルという概念を突破する~ THE COMIC のシリーズ作品 1~7巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~7件目 / 7件
  • 暴食のベルセルク~俺だけレベルという概念を突破する~ THE COMIC 1
    暴食《スキル》が真の姿を見せたとき、少年の運命が動き始める―― スキルの優劣が絶対の世界で 《暴食》という腹が減るだけのスキルを持って生まれた少年フェイト。 無能と蔑まれ、 危険で薄給な城の門番で日銭を稼ぐ最底辺の生活を強いられていたある日、城に侵入した賊を仕留めたことで《暴食》の真の能力、「殺した相手のスキル、能力を奪い取る」力が発動する―― 無能スキルで下剋上!GCノベルズで人気のダークファンタジーのコミカライズがいよいよ登場!! 原作の一色一凛先生書き下ろし小説も収録! WEBコミック誌「コミックライド」Vol.21~Vol.25 同単話版単話版1話から~5話を収録
  • 暴食のベルセルク~俺だけレベルという概念を突破する~ THE COMIC 2
    《暴食》の真の力、そして意思を持つ黒剣グリードを手に武人としての第一歩を踏み出したフェイト。 あこがれの聖騎士ロキシー・ハートの下で使用人として雇われることとなり、昼はハート家での使用人として、そして夜は暴食の飢えを満たすために狩りをする生活を続けていた。 ホブゴブの森でのナイトハント、ハート家領地でのコボルト狩りで着々と力をつけていく中、いつしか街の武人達からはぐれ魔物リッチの【ムクロ】として噂されるようになる。 そんなある日、因縁の相手、ブレリック家のハドが【ムクロ】の調査討伐に出ることを知り復讐のため自身をエサにおびき出す計画を考え―― 敵の全てを喰らうダークファンタジー コミックス第2巻登場!! WEBコミック誌「コミックライド」2018年8月号~2018年12月号 同単話版単話版6話から~10話を収録
  • 暴食のベルセルク~俺だけレベルという概念を突破する~ THE COMIC 3
    憧れの聖騎士ロキシーを支えようとするフェイトだが、 敵対する聖騎士達により死地へと追いやられるロキシー。 自身の無力さを嘆き復讐を決意するフェイトは、 "暴食"の力で敵対した者達を喰らい尽くすのだった。 そしてロキシーを守るため、フェイトは死地である南方のガリアを目指す――。 敵の全てを喰らうダークファンタジーコミックス第3巻登場!! WEBコミック誌「コミックライド」2019年2月号~2019年4月号、2019年6月号~2019年7月号 同単話版単話版11話~15話を収録
  • 暴食のベルセルク~俺だけレベルという概念を突破する~ THE COMIC 4
    《暴食》の真の能力、そして黒剣グリードを手に入れたフェイトは魔物を狩り着々と力を増していく。 ある日、憧れの聖騎士ロキシーが策略により強大な敵のいる"ガリア"へと 送られてしまう事を知った彼は大切な人を守るため王都を発った。 その道程で自身と同じく大罪スキル《憤怒》を持つ少女と再会し、共に旅をする。 その中で出会いと別れ、そして戦いを経験したフェイトが得たものは―― 敵の全てを喰らうダークファンタジー コミックス第4巻登場!! WEBコミック誌「コミックライド」2019年8月号~2020年1月号 同単話版15.5話~20話を収録
  • 暴食のベルセルク~俺だけレベルという概念を突破する~ THE COMIC 5
    盗賊の1人を倒したことで、役立たずだった《暴食》スキルの真の力『敵の力を喰らう』能力に気付いたフェイトは黒剣グリードと共に成長していった。 そして自身と同じく大罪スキル《憤怒》を持つ少女との約束を果たすため、強大な敵〝機天使〟へと挑んだ。 戦いの果てに目的地へ到着した彼を待つものは―― 敵の全てを喰らうダークファンタジー コミックス第5巻登場!! WEBコミック誌「コミックライド」2020年2月号~2020年6月号 同単話版21話~25話を収録
  • 暴食のベルセルク~俺だけレベルという概念を突破する~ THE COMIC 6
    《暴食》スキルの真の力「倒した敵の力を奪う」能力、 そして黒剣グリードを手に入れたフェイトは、 敵を喰らい力を増していく。 その最中、彼の憧れである聖騎士ロキシーを生贄にして、 より強い人間を生み出すという計画を知る。 正体を隠しながら 彼女を守ろうとする先には―― 敵の全てを喰らうダークファンタジー コミックス第6巻登場!! WEBコミック誌「コミックライド」2020年7月号~2020年11月号 同単話版26話~30話を収録
  • 暴食のベルセルク~俺だけレベルという概念を突破する~ THE COMIC 7
    陰謀で命を狙われていたロキシーを守るために 《暴食》スキルと黒剣グリードの力を自身の限界まで引き出し、 〝生きた天災〟である天竜と大罪武器のエンヴィーを 辛くも倒したが、その代償は大きく片腕を失い、 さらには天竜を喰らった反動でフェイトは暴食スキルを暴走させてしまう。 窮地に陥ったフェイトだったが、彼を救ったのは憧れであり守るべき人、ロキシーであった。 目的を果たしたフェイトの先に拓かれた道は―― 敵の全てを喰らうダークファンタジー コミックス第7巻登場!! WEBコミック誌「コミックライド」2021年1月号~2021年5月号 同単話版31話~35話を収録

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています