これだけは知っておきたい双極性障害 躁・うつに早めに気づき再発を防ぐ! ココロの健康シリーズ

これだけは知っておきたい双極性障害 躁・うつに早めに気づき再発を防ぐ! ココロの健康シリーズ

作者名 :
通常価格 1,540円 (1,400円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。


症状改善に有効な方法を詳しく解説
再発を防いで
自分の人生を取り戻しましょう!

近年の脳科学研究から
発症原因もやさしくご紹介します

【聞きづらい疑問にズバリ答える! Q&A満載!】
●双極II型と診断されましたが、間違いない?
●誤診ではないかと心配。主治医に上手く伝えるには?
●セカンドオピニオンを受けたいけれど、
 主治医が気を悪くしないか心配
●双極性障害になりやすい性格があると聞いたけれど
●本人は受診拒否。内科の検査と偽って受診させても良い?
●本人抜きで医師と話がしたいのですが…
●リチウムを使ってほしいと主治医に上手く伝えるには?
●そもそも双極性障害が発症しないように予防できますか?
●「躁状態が病気」だと、本人に気づいてもらうには?
●病気原因の1つにカルシウムの問題が出てくるが、
 カルシウムの多い食事をすれば良いの?
●リチウムの副作用による手の震えは、なんとかなりませんか?
●良いお医者さんと知り合う方法は?
●うつ病が治る食事ってありますか?
●薬を飲んでいることを周囲に知られたくありません
●病気のつらさを誰にもわかってもらえず、孤独です
●双極性障害に適した仕事はありますか?
●この病気をカミングアウトすべきか悩みます etc.
*本書では、医師には聞きにくい内容から素朴な疑問まで、
 50の患者さんと家族の疑問にお答えしています。

【そのほかの特長】
・4コマ漫画で事例紹介
・お薬も詳しく紹介~種類・副作用・服用のコツetc.
・お薬以外の治療法「ソーシャル・リズム・メトリック」の書き方なども解説
・家族が心がけるポイント~患者さんを支えるコツを伝授!

※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 医学
出版社
翔泳社
ページ数
160ページ
電子版発売日
2018年09月28日
紙の本の発売
2018年09月
サイズ(目安)
63MB

これだけは知っておきたい双極性障害 躁・うつに早めに気づき再発を防ぐ! ココロの健康シリーズ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2021年02月14日

    加藤氏の著作は、まずこれを読んだ。そのあとに、もっと知りたい〜を読んだので、かなり双極症の知識補完された。主治医にも感謝、加藤忠史氏、に感謝状贈りたいくらい、しかもまだまだ現役で臨床でご活躍されてるところが、嬉しすぎる。加藤氏に感謝です。私は双極症の研究が進むように、ブレインバンクの登録を考えている...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    わかりやすい

    na19 2021年02月28日

    病気の基礎についてわかりやすかったです。初めてこの病気について知るにはいい本だと感じました。
    自分で病院のことなどいろいろ調べてから、自分に合う治療法を探すことが大切だと思いました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月29日

    イラスト、文字の大きさや余白など読みやすい工夫がされていて、理解もしやすい。
    パラパラめくって、気になったページに目を留めてちょっと読みもしやすいので、腰を据えて読まなくても読める。
    入門書というには重いかもしれないが、気軽に手に取れる本だと言える。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月11日

    双極性障害の症状を再確認できてよかった。今後の治療をよりよいものにするための課題もわかりました。

    全体的に文字数が少なくて、デザインもシンプルなので読書に集中するのが苦手な私でも数時間で読めました。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています