もっとも深いところで、すでに受け容れられている

もっとも深いところで、すでに受け容れられている

作者名 :
通常価格 1,925円 (1,750円+税)
獲得ポイント

9pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

イギリスの若手ノンデュアリティの旗手、邦訳本、初登場! すべては思い込みだった! すべては受け容れられていたのだ! ポジティブなこともネガティブなことも。そこに気づいたとき、「解放」が起こる! 今の瞬間がまったく受け入れられないものに思えるときでさえも今の瞬間を受け入れるには、どうしたらいいのか? そもそも、「どうしたら今の瞬間を受け入れられるのか?」というのは果たして適切な問いかけなのか?実際、私たちは今の瞬間から分離していているものなのか? この瞬間、あらゆる気に入らない波、存在してほしくない波も含めて、すべての波が受容されている。受容は美しく見えたり感じたりする必要はない。真の受容は、受容はこうあるべだといったあらゆる観念を超越している。真の受容とは、本質的にあなたという存在そのものであり、この瞬間をまさにありのままに許すものだ。受容できないことでさえ、本当のあなたという存在は受容している。この受容は、根源的なものなのだ。(本文より)

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
ナチュラルスピリット
ページ数
376ページ
電子版発売日
2018年10月01日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

もっとも深いところで、すでに受け容れられている のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2017年06月18日

    多くの人は捜し求めているが、そのことは、この現在の瞬間感じていることから逃れようとしているからだ(無意識的にも)という指摘は、かなり深い洞察だと驚きを感じた。
    哲学書として興味深い本だと感じた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年12月17日

    どんな自分であっても深いところで受容されている。人を許せない自分、怒っている自分、落ち込んでいる自分、そんな不完全な自分に対する完全性への誘いなんだ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月09日

    なんだかピンとこない本だった。あなたは波の一部ではなく全体としてのキャパシテイーだ、という説明を繰り返すが、なぜなのかという説明が不足している気がする。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています