決定版 銀行デジタル革命―現金消滅で金融はどう変わるか

決定版 銀行デジタル革命―現金消滅で金融はどう変わるか

作者名 :
通常価格 1,760円 (1,600円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

技術力とアイデアにモノをいわせたフィンテック企業が、
決済、貸出など銀行の牙城とされてきた業務に進出。
顧客のビッグデータもフィンテック企業に集まっていく。
危機感を抱いた銀行は、自らデジタル通貨の発行を検討。
キャッシュレス化の流れは、日本経済全体をも大きく変える。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経済
出版社
東洋経済新報社
ページ数
248ページ
電子版発売日
2018年08月24日
紙の本の発売
2018年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

決定版 銀行デジタル革命―現金消滅で金融はどう変わるか のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2018年10月03日

    元日銀審議委員によるキャッシュレス本。日銀での経験を踏まえ、日本でキャッシュレス化を進めるためには、公的機関のリーダーシップが必要との主張には、共感するところが多い。日銀の中で正面からこういう議論をすると、嫌がられるんだろうな。NRIで出している著者のdaily report もおススメ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月25日

    文章のなめらかさ、分かりやすさのレベルが高くて読みやすかった。深いナレッジを得たい人向けではないけれど

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月16日

    ブロックチェーン・ビットコインの話もあるが、本書の本筋は「銀行」そのものがどういう変化をしていくのか?の話。
    お金そのものの変化がこれからどうなるのか?
    本書では「案外、現金がまだまだ残って、電子マネー化は時間がかかる」旨が書かれている。
    単純に保守的という話でない。
    日本の文化的背景や、現在の銀行...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月20日

    「デジタル通貨」の現状、可能性、課題などについて
    の解説。

    民間銀行も新しい金融サービスに参入しないわけにいかないが、参入すればジレンマに遭遇する。
    例えば、デジタル通貨がクレジットカードに代わって利用されれば、預金決済で得られるはずの手数料を失うことになる。
    また、フィンテック企業は、銀行システ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月07日

    銀行の近未来について書かれているのは、分かりやすくてよかった。けど日本の高齢者は、キャッシュレス化なんてついていけないだろうなぁ。技術的にも、気持ち的にも。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月02日

    民間銀行、仮想通貨、中央銀行。それぞれの「デジタル通貨」に着目し、メリット・デメリットについて論じる。そして、フィンテック、キャッシュレス化の流れが進んだ時、日本の金融はどうなるのか考察する。

    序章 動き出したメガバンク
    第1章 悩める巨人――挑戦がもたらす矛盾
    第2章 仮想通貨は決済手段となれる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年12月02日

    日銀政策委員を務めた著者による、今後の”通貨”についての分析。現金、仮想通貨、デジタル通貨(銀行発行、中銀発行)の中で、日本においては現金に軍配を挙げる。”地に足のついた”分析であるし、納得感も高いが、他の論者、例えば野口悠紀雄氏の最近の著作に比べると、金融機関以外をも視野にいれた分析(あるいは期待...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています