火星人の殺し方
  • ptバック

火星人の殺し方

作者名 :
通常価格 1,119円 (1,018円+税)
紙の本 [参考] 1,430円 (税込)
獲得ポイント

452pt

  • 40%ポイントバック

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

松本人志の出した3つのお題に吉本若手芸人86人が挑戦した。
爆笑・失笑・珍作・怪作・傑作・・・選りすぐりの123編!

〈後輩の芸人たちに僕からお題を出して、原稿用紙一枚程度、文章を書いてもらいました。言ってみれば、文学的な大喜利です。まずタイトルを決めて、そこに向かって書いていくとどうなるか、縛りがある分、逆に個性がよく出てくるんじゃないか。〉(まえがきより)

ダウンタウンの松本人志が、後輩の若手芸人たちにお題を出した。
「火星人の殺し方」
「ゴリラへの詫び状」
「日本人はなぜうんこが好きなのか」
芸人の中には舞台で輝かなくても、トークが下手でも、文章なら意外な才能を発揮する人が埋もれているかもしれない。それを見出すべく自由に発想してもらった、いわば文学的大喜利である。
集まった数百の回答は、わずか数行のものから原稿用紙数枚のものも。一発ギャグがあればショートショートもあり、まさに多彩かつ多才だった。
そこから120篇を精選。さらに各お題につき一人を選び、あらためて長めのものを書き下ろしてまとめたのが本書である。

回答例
火星人の殺し方
〈小学生の時にまずひょんなことから火星人と出会います。そこから一緒の学校に通うことになり、中学、高校、大学と一緒に過ごし互いを親友と呼ぶ間柄になります。大学卒業後は別々の人生を歩むことにします。そして大学卒業の別れの日に「これからも親友で居てくれるよな」と握手を求めて近づいて来たところを、鋭利な武器でズバッといきます。〉(ウエスP)


なぜ日本人はうんこが好きなのか
〈日本人にはジャイアント馬場(大きいうんこ)が深く心に刻まれてるから。〉(吉本新喜劇・前園健太)

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春e-book
ページ数
196ページ
電子版発売日
2018年08月09日
紙の本の発売
2018年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

火星人の殺し方 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年10月27日

    火星人の殺し方
    ゴリラへの詫び状
    なぜ日本人はうんこが好きなのか

    松本人志はやはりおもしろい、この人の企画能力。
    そして、選ばれた文 回答者たち。
    私はやっぱり凡人だ。
    きっと火星人は宇宙人だから、殺し方わかんないなだし
    ゴリラって、日本語わかんないだろうなーいやーそもそも日本語読めんやろ、とか
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年03月05日

    なかなかキャッチーなタイトルだと思ったら、大喜利のお題でした。
    IPPONグランプリほどの芸人は出てきませんが、多種多様で読みごたえはあります。
    面白いと思ったのは、切り口が似通う人たちが結構いること。
    お笑いにも定石があるのだろうか。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています