岸辺露伴は戯れない 短編小説集

岸辺露伴は戯れない 短編小説集

作者名 :
通常価格 733円 (667円+税)
紙の本 [参考] 858円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

【小説版登場!】杜王町在住の人気漫画家・岸辺露伴。自らの作品を読んでもらうためには一切の妥協を許さず、あらゆる犠牲も厭わない男が、見えざる引力に誘われてめぐり逢う、謎めいた怪異の数々とは……!? 大人気『岸辺露伴は動かない』シリーズ待望の短編小説集が、完全無比のクオリティで登場!! 『幸福の箱』『シンメトリー・ルーム』『夕柳台』に、書き下ろし『楽園の落穂』を加えた4つのストーリーを収録。

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / ジャンプジェイブックスDIGITAL
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
ジャンプジェイブックスDIGITAL
ページ数
272ページ
電子版発売日
2018年08月17日
紙の本の発売
2018年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

岸辺露伴は戯れない 短編小説集 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年09月20日

    幸福の箱 北國ばらっど
    夕柳台 宮本深礼
    シンメトリー・ルーム 北國ばらっど
    楽園の落穂 吉上亮

    「岸辺露伴は叫ばない」が面白かったのでこちらも読んで見ました。
    シンメトリー・ルーム かなり良いです。追い詰められている露伴の情景が目に浮かんできます

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月26日

    岸辺露伴とゆう強烈なキャラがいなければ物語はできなかったろうなあ。。。前巻に引き続き不思議な出来事が彼を襲う。ささっと読めたけど、実はこの作品を買ったのは昨年。それまでずーっとほっぽってました(..;)反省。。。漫画を知らない母に貸したら次の日に二巻とも読破して返ってきました。「面白いねー」と言って...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月09日

    ジョジョシリーズの岸辺露伴スピンオフ短編小説集第二弾。
    あいかわらず露伴が自ら飛び込み、あるいは巻き込まれる形で怪異を体験する。他の人の感想でもあったが、作家によって露伴のキャラが微妙に変わるのもまた面白い。

    「幸福の箱」
    美術商は魅力的な箱と露伴を残し、部屋を出る。つい触れたとたんに箱は崩れ落ち...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月26日

    岸部露伴の短編シリーズ第2弾。4作収録。
    頭の中に漫画のコマが浮かぶシーンも多く、どの短編も独特でおもしろかった。

    今作は人間の傲慢さや欲深さをテーマにした話が多く、同じく欲に素直ながら岸部露伴なりの善悪の考え方や姿勢が楽しめた。

    岸部露伴の短編シリーズは、集合無意識や自然・災害系のスタンド能力...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年07月23日

    既出の作品に書き下ろしの楽園の落穂が入っている。
    小説と漫画の違いは、登場人物の心理描写や状況の説明を詳しく書ける所で、特に露伴の一人称の短編だとその利点が良く出ている。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月24日

    オムニバス形式の短編集
    「岸辺露伴は戯れない」☆平均2.5

    =幸福の箱=
    この作者は相変わらず比喩がテキトー。
    つまらないのでは無く、くだらないストーリー。
    作中に一つだけ興味をそそられた文章が有った。
    「時間の無駄」。☆ゼロ。

    =夕柳台=
    不気味な謎解きにワクワクし、
    中盤より少し後くらいまで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月20日

    荒木飛呂彦先生の傑作コミック『ジョジョの奇妙な冒険 第四部』より、スピンオフ作品『岸辺露伴は動かない』をノベライズした短編集第二弾。本巻には「幸福の箱」「シンメトリー・ルーム」「夕柳台」「楽園の落穂」の四作が収録されている。
    ノベライズ版の詳細なレビューは『岸辺露伴は叫ばない』に書いたが、第一弾が純...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年07月26日

    同僚から借りた続編。
    前回の方がジョジョらしさ・露伴先生らしさが出ていて読んでいて面白かった。
    今回のは内容としてはミステリー小説で面白いけれども、岸部露伴である理由が薄い気がした。
    やはり他人の褌か。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています