彗星夜襲隊 特攻拒否の異色集団

彗星夜襲隊 特攻拒否の異色集団

作者名 :
通常価格 761円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

昭和二十年四月、沖縄が決戦場となり、陸海全軍特攻の嵐が吹き荒れる只中で、強固な信念のもとに正攻法を採り続けた日本海軍芙蓉部隊。夜襲戦法を発案した指導官美濃部少佐と隊員たちは、不利な戦況をいかに戦い抜いたのか―戦場を熟知する搭乗員と整備員たちが結集し、熾烈な沖縄戦に挑んだ最後の戦いを描く。

ジャンル
出版社
潮書房光人新社
掲載誌・レーベル
光人社NF文庫
ページ数
286ページ
電子版発売日
2018年08月10日
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2014年05月23日

総特攻と言われていた中で、唯一特攻反対を唱え、終戦まで正攻法で闘った芙蓉隊について。
隊長の美濃部正少佐がカッコ良すぎる!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年07月01日

 戦中末期に於いて、特攻攻撃を拒否し、ひたすら正攻法に徹した芙蓉部隊について書かれた本。美濃部少佐の熱意とそれらにかける意志の強さはホンモノ。
 僅かな燃料と少ない時間の中で、夜戦に特化した部隊を作り上げるその手腕はすごい。本当に戦う為の部隊。整備員も搭乗員も全てが精一杯動いて作り上げる戦いは、アメ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2008年01月30日

大戦末期に、特攻思想が強かった日本軍の中で、特攻に反対し粘り強く夜間に反復攻撃をして、沖縄沖の米艦隊などに打撃を与えた部隊の戦記。戦時中に著者のような指揮官が多かったら、特攻という方法は無かったのかな?と思う異色の一冊です。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年03月20日

「永遠の0」で参考文献に挙げられていたので購入。
本書や大井篤「海上護衛戦」を読むと旧海軍上層部の愚かさがよくわかる。

美濃部正少佐や彼のような男たちについて、もっと評価すべき思われ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2004年10月02日

あまり知られていない、特攻を拒否して粘り強く戦争末期を戦い続けた「芙蓉部隊」の戦闘記録。一部の同人誌などでしか語られていない、貴重なエピソードが紹介。惜しいのは、こうした手法が開戦当初から行われていれば……という点。戦後の私達にも教訓となってくれます。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています