売上の8割を占める 優良顧客を逃さない方法―――利益を伸ばすリテンションマーケティング入門

売上の8割を占める 優良顧客を逃さない方法―――利益を伸ばすリテンションマーケティング入門

作者名 :
通常価格 1,485円 (1,350円+税)
紙の本 [参考] 1,650円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

無料施策を続けると失敗するのはなぜか?リアル店舗、通販、SNS、会員制ビジネスなど顧客や会員減に悩む、すべての会社、個人が使える「顧客を離れさせない仕組み」「優良な顧客だけをつかむ方法」がこの1冊に!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / マーケティング・セールス
出版社
ダイヤモンド社
ページ数
240ページ
電子版発売日
2018年08月09日
紙の本の発売
2018年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

売上の8割を占める 優良顧客を逃さない方法―――利益を伸ばすリテンションマーケティング入門 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年02月03日

    データの蓄積、見える化、優良顧客の発掘が大事であることが分かった。本書にも書いているが、結局の所、誠実に顧客のインサイトに寄り添ったサービスを作ることが、リテンションに繋がるのだと感じた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月24日

    目先の利益よりも優良顧客を増やしていくことに注力することで長期的な成長を成し遂げることが可能。割引をしすぎることで既存の優良顧客のロイヤリティを低くしてしまうリスクもある。他社にはない、特別な”価値”を提供し、それを顧客とマッチさせる努力を重ねる。
    デジタル化が進み、各個人の趣味嗜好が多様化している...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月26日

    何をKPIとして置くかで人の動き方は全く変わると教えてくれる。
    特に、マーケティング部と営業部が別組織である場合、それぞれのKPIがうまくかみ合っていないと、結局のところ効果が薄まってしまうケースはよくある話だと思う。

    ・マーケと営業のKPIの整合性をどう作るのか?
    ・新規と既存顧客をどう育てて、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月28日

    WOWOWの神対応の裏側を作り支えた方の著書。
    実例をベースにした、顧客との関係性づくりにおけるたくさんの大切な気付き・ナレッジが盛り込まれていて非常に実践的な内容です。すぐにでも活用できるエッセンスがたくさんあります。

    ・新規獲得施策でやってはいけないこと5選
    ・サンクスコールの光と影
    ・システ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月26日

    サブスク型のビジネスで用いられるリテンションマーケティング。顧客をつなぎとめ、価値を提供し続けるための方法を示す。

    著者はWOWOWの元取締役であり、現在はリテンションマーケティングのコンサルタント。WOWOW時代の経験を本書で深く解説している。

    主な論点は下記

    ・解約はなぜ増加するのか
    ・リ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年08月16日

    新規加入よりも解約のほうが多くなり、利用者数の純減が続いていたWOWOWにおいて解約防止部長を努め、V字回復させた著者による書籍。お客様が求めているのは割引ではなく、コンテンツの自体の価値であり、コンテンツによって顧客の人生をより豊かで心地よいものにすることである。これにより、割引により集めた解約が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年04月29日

    WOWOWは一年間で56万人もの新規会員登録が合っても5000人しかユニークで残らない。

    新規顧客の獲得コストは既存顧客の維持(リテンション)に比べて5倍もコストがかかる。

    1996年、スカパー!の参入で加入者数を競争する形となり、各社◯ヶ月無料!やいまなら〇〇がもらえるなどの販促施策を打ち出し...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める ビジネス・経済

ビジネス・経済 ランキング