ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまで 5

ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまで 5

作者名 :
通常価格 869円 (790円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

「ここで出てきましたか、大魔帝」
「ハズレ枠」と称されたスキルを駆使し、三森灯河が金棲魔軍帯の最奥、禁忌の
魔女・エリカのもとへ辿り着くのと時を同じくして、いよいよ大魔帝軍の人類へ
の侵攻が開始された。歴戦の勇士や各国主力戦団が次々と倒れ伏すなか、十河綾
香も前線で窮地に追い込まれるという、人類にとって圧倒的不利な戦況。だがそ
の時、黒衣を纏い魔蠅の仮面をつけたE級勇者が、戦場へと降り立つーー。
「大魔帝の軍勢および、金眼の魔物は。我が蠅王ノ戦団がーー蹂躙する」
かつて空気モブだったE級勇者が、絶対最強へと至る逆襲譚、第5幕。

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / オーバーラップ文庫
出版社
オーバーラップ
掲載誌・レーベル
オーバーラップ文庫
シリーズ
ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまでシリーズ
ページ数
448ページ
電子版発売日
2020年04月25日
紙の本の発売
2020年04月
サイズ(目安)
9MB

ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまで 5 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    購入済み

    年齢制限

    琥珀のタナ 2020年09月18日

    戦争のシーンは年齢制限設けた方がいいレベルでしたね。
    雰囲気としては某GAN○Z。

    運悪く食事しながら読んでいたので一段と吐き気が…。

    ただ魔物やモンスターへの恐怖が上手く描写出来ているとも思う。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    読みごたえあり

    アレコフ 2020年08月06日

    息もつかせぬ怒濤の戦いの連続、実に読みごたえあり。
    もちろんヒロイン達の見せ場(お色気シーン等)もあります。そう“達”です。そうきたか!、という展開に(笑)
    また更に可愛くなっていってる。やるな(笑)
    これは6巻の展開がどうなるのか楽しみで仕方ない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月01日

    相変わらずのスピード感、でも話は濃厚で達者です。今1番楽しみなシリーズ。いよいよトーカとクラスメイトが合流。激戦の中、半端なく皆さん亡くなって行きますが、そのような余韻を残しつつ、この後の展開が気になる。女神と大魔王の双方を相手にどうするのか?

    このレビューは参考になりましたか?

ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまで のシリーズ作品 1~8巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~8件目 / 8件
  • ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまで 1
    クラスメイトとともに、異世界へと召喚された「空気モブ」の高校生・三森灯河。 クラスの面々はS級やA級の勇者として召喚されたが、灯河は唯一の最低ランクであるE級。 さらに取得したスキルは、その世界では「ハズレ枠」と称される【状態異常スキル】だった。 女神ヴィシスにより生存率ゼロの遺跡に廃棄された灯河は、絶望の奈落に沈みつつも、自身のスキルを駆使し魔物を蹂躙し続ける。 そして、光も届かぬ闇の底で灯河の胸に去来する思いは、たったひとつだけだった――。 「もし生きて戻ったら――覚悟、しておけ」 かつて空気モブだったE級勇者が、絶対最強へと至る逆襲譚、ここに開幕。
  • ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまで 2
    「ハズレ枠」と称されたスキルを駆使し、生存率ゼロの廃棄遺跡を脱出したE級勇者の三森灯河。 とある街にてミストと再会した灯河は、更なる力を得るため彼女とともにミルズ遺跡の攻略を果たした。 順調かと思われた女神ヴィシスへの復讐の旅路はしかし、ある男の登場によって一変する。 その男こそ、世界最強の黒竜騎士団を統べる“人類最強”シビト・ガートランド。 ヴィシスをして「理外の存在」と言わしめるシビトと相対する時、灯河がとる道は――。 「誰よりも俺は強くなる。あの女神すらをも蹂躙できるほどの力を、得てやる」 偽り。謀り。騙し。すべてを欺く。絶対最強へと至るE級勇者の逆襲譚、第2幕。
  • ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまで 3
    「ハズレ枠」と称されたスキルを駆使し、“人類最強”シビトを打倒した三森灯河。 彼は、一路金棲魔群帯に潜む「禁忌の魔女」を目指すもしかし、その所在を未だ掴めずにいた。 そんな折、旅のさなかに訪れた王都モンロイにて、「禁忌の魔女」の所在を知るイヴ・スピードなる血闘士の存在を耳にした灯河とセラス。 彼女を仲間に加えようと行動を開始する2人の前に、正体不明の“呪術”を有する呪術士集団・アシントが姿を現すも、灯河は一切憶することはなかった。 「レベルアップにも意味はある――殺して、殺して、殺し尽くす――」 かつて空気モブだったE級勇者が、絶対最強へと至る逆襲譚、第3幕。
  • ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまで 4
    「ハズレ枠」と称されたスキルを駆使し、呪術師集団・アシントを壊滅させた三森灯河。 「禁忌の魔女」の所在を知るイヴを仲間に加えた彼は、金棲魔群帯へと足を踏み入れた。 金眼の魔物、そして「人面種」。絶大なる力を持つ魔の軍勢を相手に、灯河はたったひとりで立ち向かうことを心に決める。 一方、女神ヴィシスのもとで訓練を重ねた異界の勇者たちも魔群帯へと訪れていた。 そしてついに、ある人物たちが邂逅を果たすことになり――。 「こんなとこで止まってたら、クソ女神に復讐を果たせねぇだろうが」 かつて空気モブだったE級勇者が、絶対最強へと至る逆襲譚、第4幕。
  • ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまで 5
    「ここで出てきましたか、大魔帝」 「ハズレ枠」と称されたスキルを駆使し、三森灯河が金棲魔軍帯の最奥、禁忌の 魔女・エリカのもとへ辿り着くのと時を同じくして、いよいよ大魔帝軍の人類へ の侵攻が開始された。歴戦の勇士や各国主力戦団が次々と倒れ伏すなか、十河綾 香も前線で窮地に追い込まれるという、人類にとって圧倒的不利な戦況。だがそ の時、黒衣を纏い魔蠅の仮面をつけたE級勇者が、戦場へと降り立つーー。 「大魔帝の軍勢および、金眼の魔物は。我が蠅王ノ戦団がーー蹂躙する」 かつて空気モブだったE級勇者が、絶対最強へと至る逆襲譚、第5幕。
  • ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまで 6
    「ハズレ枠」のスキルを駆使し、大魔帝軍最強のアイングランツを打倒した三森灯河。十河綾香と再会したのも束の間、彼は禁呪を求めふたたび金棲魔群帯へと足を踏み入れた。禁呪の秘密を知る“禁字族”。禁字族が住まう“最果ての国”。 だが、その国を目前にした瞬間、ある存在が灯河の前に現れた。異界の勇者の血を受け継ぐ“勇の剣”ルイン・シール。かの“人類最強”シビト・ガートランドすら比肩すると謳われる“勇血最強”と、蠅王との戦いが幕を開け――。 「復讐からは、何も生まれない? 何言ってやがる。俺が、生まれただろうが」 かつて空気モブだったE級勇者が、絶対最強へと至る逆襲譚、第6幕。
  • ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまで 7
    ミラ帝国によるアライオンへの宣戦布告。それは、女神ヴィシスへ反旗を翻した狂美帝によるものだった。世界が大戦への兆しを見せるなか、「ハズレ枠」のスキルを駆使し勇血最強ルイン・シールを打倒した三森灯河は、いよいよ最果ての国へとたどり着く。絶対防御を持つヴィシスにすら届きうる牙「禁呪」を得るため、禁字族族長ムニンへ接触する灯河。だが時を同じくして、アライオンが誇る最強の部隊・第六騎兵隊が最果ての国へと侵攻を開始した――。 「女神、ヴィシスを完膚なきまでに叩き潰す。二度と、立ち上がれぬほどに」 かつて空気モブだったE級勇者が、絶対最強へと至る逆襲譚、第7幕。
  • ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまで 8
    「ハズレ枠」と称されたスキルを駆使し、三森灯河が第六騎兵隊と戦いを繰り広げるさなか、アライオンの王城に大魔帝が出現した。邪王素が渦巻く城内にて大魔帝と相まみえた十河綾香は、銀の刃を振るう。すべては、力無き者を守り抜くため。時を同じくして高雄聖は、ひとり女神ヴィシスの元へと向かった。ヴィシスとともに大魔帝と戦うため――否。邪王素にて弱体化したヴィシスを守るため― ―否。勇者を弄ぶヴィシスを、弑するため。 「ここであなたを、始末する」「……クソガキが」 かつて空気モブだったE級勇者が、絶対最強へと至る逆襲譚第8幕。

ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまで の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

オーバーラップ文庫 の最新刊

無料で読める 男性向けライトノベル

男性向けライトノベル ランキング