プラナカン 東南アジアを動かす謎の民

プラナカン 東南アジアを動かす謎の民

作者名 :
通常価格 1,980円 (1,800円+税)
獲得ポイント

9pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

【気高い美意識の謎に満ちた氏族】
プラナカンと呼ばれる異色の民が、東南アジアの国々にいる。 ある者は貿易で巨万の富をつかむ夢を抱いて。またある者は凶作と貧困から逃げ出すために。福建や広東の華人たちは、生死をかけてマラッカ海峡の新天地を目指した。男たちはマレー半島やスマトラ島、ジャワ島の妻と所帯を持った。熱帯の日差しを浴びて生まれ育った子孫が、やがて中国でもマレーでもない、万華鏡のように色鮮やかな独自の文化を開花させていった。彼らは、華僑とも異なる存在で、アジア経済界で隠然とした勢力を誇ち、その気高い美意識を誇る氏族の素顔は、いまなお謎に包まれている。19世紀には英国の東インド会社と手を組み、香辛料貿易、スズ鉱山、ゴム栽培で商才を奮った。あるいはアヘン取引、奴隷貿易によって無尽蔵の財をなした。富を現代に継ぐ末裔は、自らの歴史を封印したまま多くを語らない。
 欧州の列強国とアジアの狭間で繁栄し、絢爛な文化を築き上げた彼らは、グローバリゼーションの波間を駆け抜ける「通商貴族」とも呼ぶべき存在だった。彼らは経済をどのように牛耳り、歴代の先人が残したその伝統を、誰が未来に渡すのか。栄華の痕跡を残すマラッカ、ペナン、シンガポールの街のほか、東南アジアの各地をめぐり、秘められたプラナカンの物語の扉を開く。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / サブカルチャー・雑学
出版社
日経BP
掲載誌・レーベル
日本経済新聞出版
ページ数
256ページ
電子版発売日
2018年06月27日
紙の本の発売
2018年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
19MB

プラナカン 東南アジアを動かす謎の民 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年09月13日

    ペナンにもプーケットにも行ったことがあり、マレーシア、シンガポールにはよく行く。先月もシンガポールに行った。行く前に読んでおけばと後悔。ニョニャ料理も好きだし、プラナカンの住宅もいいと思っていたが、ここまで深い知識はなかった。本書は、プラナカンのことをただ説明するのではなく、筆者の行動や気持ちが入っ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月06日

    ペナン旅行に行く際に購入。ペナンを始めとした、東南アジア諸国の成り立ちがよく理解できる。また、現代のプラナカンのあり方についての記述やインタビューは本書ならではで、貴重。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月09日

    【流転の記録】マレーシア、インドネシア、タイ、そしてシンガポールなどで生活する独特の文化を築くプラナカンと呼ばれる民。移り住んできた華人と現地の人々との子孫として、それぞれに激動の時代を生き抜いてきた様子を収めた作品です。著者は、日本経済新聞の記者としてシンガポールに駐在もしていた太田泰彦。

    映画...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月26日

    知らなかったことがてんこ盛り。怪傑ハリマオもプラナカンと関係したんだろうな、と想像。カラー図版が多いといいのに。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月31日

    先日、ワン・アジサの件でメンション頂いたので、彼女がプラナカンがどうかまた疑問が湧いたのだが、ウィキにはシンガポール生まれで祖父がプラナカンであると出ているな。自分の乏しい知識だとプラナカンはエスニックはマラヤ華人という認識だったのだが、この本によると、華人に限定されないし、マラヤにも限定されないら...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月15日

    マレー語で「この地で生まれた者」を意味する「プラナカン」は、15~16世紀に中国からマレー半島にやってきた男たちと現地の女性の間に生まれた子ども達の子孫。

    リー・クァンユーしかり。

    父親のルーツである中華系の文化を、自分たちの住まう土地にうまく馴染ませ育んできた。
    ルーツやコミュニティにより定義...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています