天駆せよ法勝寺-Sogen SF Short Story Prize Edition-

天駆せよ法勝寺-Sogen SF Short Story Prize Edition-

作者名 :
通常価格 110円 (100円+税)
紙の本 [参考] 1,430円 (税込)
獲得ポイント

0pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

巨大な九重塔・法勝寺は、仏教発祥の星・閻浮提を代表する星寺にして最新鋭航行機能を備えた飛塔である。三十九光年離れた星の大仏の御開帳に向かうため、七名の宇宙僧を乗せ、四十九日の旅に出るが……飛行中の法勝寺を怪異現象が襲う。日経「星新一賞」と「創元SF短編賞」を連続受賞した新鋭が放つ、驚天動地の仏教スペースオペラ! 加藤直之によるカラー挿絵2点を収録。*本電子書籍は、『年刊日本SF傑作選 プロジェクト:シャーロック』(創元SF文庫版 2018年6月29日初版発行)に掲載の「天駆せよ法勝寺」のみを電子書籍化したものです。『年刊日本SF傑作選 プロジェクト:シャーロック』全ての電子書籍版ではございませんのでご注意ください。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
SF・ファンタジー / SF(国内)
出版社
東京創元社
ページ数
78ページ
電子版発売日
2018年07月06日
紙の本の発売
2018年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

天駆せよ法勝寺-Sogen SF Short Story Prize Edition- のユーザーレビュー

    購入済み

    仏恥義理の世界

    syx 2018年07月12日

    タイトルに目が止まった方、カバーに目が止まった方すべからく読むべし。
    2018年屈指のパワーワードがあなたを襲う。

    合掌!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月02日

    SF。短編集。
    再読ではあるが、上田早夕里「ルーシィ、月、星、太陽」がベスト。好きすぎる。
    他、好きな作品は、表題作と「山の同窓会」「ホーリーアイアンメイデン」「惑星Xの憂鬱」「髪禍」「ディレイ・エフェクト」。
    作家としては、彩瀬まるさんに興味。
    苦手な作品もいくつかあるが、全体的には満足の内容。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月11日

    久しぶりにSF短編アンソロジー。ぶっとび方は筒井康隆が抜けてる感じ。引き込まれたのは八島游舷さんでした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月27日

    ここしばらくいつものことながら、豊作だなあ!
    上田早夕里「ルーシィ、月、星、太陽」
    円城塔「Shadow.net」
    小川哲「最後の不良」
    我孫子武丸「プロジェクト・シャーロック」
    酉島伝法「彗星狩り」
    横田順彌「東京タワーの潜水夫」
    眉村卓「逃亡老人」
    綾瀬まる「山の同窓会」
    伴名練「ホーリーアイア...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月31日

    奇妙な作品が揃った。2017年のSF短編小説を集めると、こんなにも突飛なものになる楽しいアンソロジーに仕上がるのかと驚いた。2017年ってどんな年だったっけ?と思い出す努力を(少しだけ)したが、普段から普通の生活をしている私は何も思い出すものがなかった。それでも作品は面白く意外性で驚かせ、意外性を越...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年07月21日

    タイトルでポチッた時は北原案件だと思ったら、年刊SF傑作選だったw
    創元SF短編賞の『天駆せよ法勝寺』サイコー
    物理学ならぬ佛理学で往くスぺオペ!連作化希望。合掌。
    眉村、筒井、横順等が現役なのは知っていたが、新井素子が現役とは知らなんだ…

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年02月16日

    創元SFの年刊日本SF傑作選シリーズ。2017年に発表されたSF作品を集めたアンソロジー。なぜかシリーズを逆順で読み始めたため、『おうむの夢と操り人形』に続いて2冊目。2冊読んで思ったけど、テーマ別アンソロジーと違って、年刊アンソロジーは当たりもハズレも混在してるけどそういうもんだなーと。この中から...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています