罪人のカルマ

罪人のカルマ

作者名 :
通常価格 1,210円 (1,100円+税)
紙の本 [参考] 1,303円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

捜査官ウィルVS連続殺人犯(実父)!

「壮絶なラストまで、一気読みの迫力」北上次郎(本書解説より)

MWA賞、CWA賞ダブル受賞作家。〈ウィル・トレント〉シリーズ最高潮!

女子大学生の失踪事件が発生。特別捜査官ウィルはなぜか捜査から外され、忌まわしい事実を知らされる。40年以上前に凶悪な連続殺人事件を起こし、終身刑になった実の父親が仮釈放されているというのだ。やがて発見された女性の遺体には見るも無惨な拷問の痕があり、それはウィルの父親の手口と酷似していた――。1975年と現在、ふたつの事件が交錯するとき、戦慄の真実が浮かびあがる!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 海外ミステリー
出版社
ハーパーコリンズ・ジャパン
掲載誌・レーベル
ハーパーBOOKS
ページ数
672ページ
電子版発売日
2018年06月21日
紙の本の発売
2018年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

罪人のカルマ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2021年01月20日

    「彼女達が闘った時代」と
    「主人公の生い立ち」の話

    ウィル・トレントシリーズ6作目
    現在で起こった女性の失踪事件と
    過去1975年に起きた失踪事件の二つの時間軸で進む。

    現在では、捜査に加われず鬼上司アマンダの圧力、謎の行動に戸惑うウィル
    そして過去では、警察官として下っ端で気弱なアマンダ(おっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月23日

    苦悩の刑事ウィル・トレント。女性の行方不明、殺人事件の捜査の過程で、殺人犯として刑務所にいるはすの自分の父親と手口が似ていることに気づく。そう、父親は仮出所していたのだ。まさかあの男が・・・1975年のアトランタ警察。現在はウィルの鬼上司であるアマンダは当時は駆け出しで、しかも女性はひどく差別されて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月12日

    良い意味で米国小説らしい重厚な内容。親子関係、恋愛、性差別問題、種々のテーマが自然に提示されていて日本の小説では味わえない濃密な読み応え。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年07月01日

    カリン・スローター『罪人のカルマ』ハーパーBOOKS。

    ウィル・トレント・シリーズの第6作。相変わらずの切れ味の無さ。解説で北上次郎が絶賛しているが賛同しかねる。切れ味の無さは毎度のことなのだが、それでもカリン・スローターの新作にはついつい手を出してしまうから不思議。

    女子大生失踪事件が発生し、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年07月20日

    シリーズ第6弾。今作も迫力満点。誘拐事件とウィルの父親の出所という現在のパートと、40年前のアマンダとイヴリンの若かりし頃の捜査。その二つのパートからなる今作。その二つが徐々に交わっていくのだけれど現在のウィルの感情の動き、父親の影、なにかを隠されているという不信。それだけで面白いのに40年前のパー...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年10月20日

    <ウィル・トレント>シリーズ第6作。主人公はジョージア州捜査局特別捜査官のウィル・トレント。しかし、内容は彼の上司アマンダや同僚フェイスの母親でこちらも元刑事だったイブリン・ミッチェル、そして検視官のサラ・リントンといった女性登場人物たちの物語。ラストのアンジー(ウィルの妻)のエピソードは衝撃です。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています