えんま様の忙しい49日間

えんま様の忙しい49日間

作者名 :
通常価格 627円 (570円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

地獄でまた会おう。

 古いアパートに引っ越してきた青年・炎真の正体は、休暇を過ごすため百年ぶりで現世へやってきた地獄の大王閻魔様。
 地獄で働き詰めの炎真の願いは、ひらすらだらだら過ごす癒やしの休日。ところが、ふらふらとさまよう幽霊を街角で見かければ説教してあの世に送ってみたり、目の前で起きている犯罪を見逃せず生者の面倒まで見てしまったり。そのたび「また働いてしまった!」と、秘書の小野篁に向かって嘆きながら、後悔ばかりしている。
 おまけに、現世で不動産業を営む地蔵菩薩からも霊がらみの案件を任されて、「面倒くさいことこの上ねえ!」と憤慨する炎真。駅の自動改札機に冷や汗をかき、人混みに目を回し、コンビニスイーツに舌鼓を打ちながら、トラブル解消のために百年ぶりの現代日本を駆け回ることに……!
 世話焼きな同居人の秘書・小野篁、記録係のお子さまズ・司録&司命も加わって、現世に閻魔様の裁きが下される!? にぎやかに繰り広げられる、地獄行き事件解決録!

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
女性向けライトノベル / その他女性向けラノベ
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
小学館文庫キャラブン!
ページ数
256ページ
電子版発売日
2018年06月15日
紙の本の発売
2018年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

えんま様の忙しい49日間 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年11月09日

     休暇で現世にやって来た閻魔様と秘書の小野篁さんのお話。
     このお話だと、篁さん、閻魔様の秘書なんですね。
     鬼灯の冷徹だと秦広王に仕えてるけど。

     司録ちゃんと司命ちゃん、かわいい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月14日

    人間界を満喫している炎真。でも休暇のはずなのに、仕事をしてるよな~。と思いながら読んでいた。なんだかんだと文句を言いながらも、放っておけないお人好しさが楽しい。現代社会で戸惑ったり、楽しんだりしているのも、トラブルを解決していくのも、もっと見たくなった。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    閻魔様の休暇?(笑)

    MSM 2018年11月24日

    閻魔様が地獄から現世にお疲れ休みの休暇に来たのだが、、、、文句を言いつつも見捨てて置けない閻魔様達に思わず涙してしまう場面も!一話ごと完結してますが続きも是非!

    このレビューは参考になりましたか?

えんま様の忙しい49日間 のシリーズ作品 1~4巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~4件目 / 4件
  • えんま様の忙しい49日間
    地獄でまた会おう。  古いアパートに引っ越してきた青年・炎真の正体は、休暇を過ごすため百年ぶりで現世へやってきた地獄の大王閻魔様。  地獄で働き詰めの炎真の願いは、ひらすらだらだら過ごす癒やしの休日。ところが、ふらふらとさまよう幽霊を街角で見かければ説教してあの世に送ってみたり、目の前で起きている犯罪を見逃せず生者の面倒まで見てしまったり。そのたび「また働いてしまった!」と、...
  • えんま様の忙しい49日間 散り桜の頃
    吉祥寺に住む閻魔様が現世の事件を解決! 吉祥寺の古アパートに住む青年・大央炎真の正体は、地獄の大王閻魔様。久しぶりの休暇を現世でのんびり過ごそうと、地獄から百年ぶりの現代日本にやってきた炎真だが、アパートの大家でもある腹黒な地蔵菩薩が差し出す美味しそうなスイーツに釣られて、はぐれ霊を彼岸に送ったり、罪を犯す生者を懲らしめたり……と、つい真面目に労働しては後悔する毎日だ。  ある...
  • えんま様の忙しい49日間 光る藤の頃
    吉祥寺に住む閻魔大王、迷える魂を救う!?  休日を過ごすために現世にやってきた地獄の大王閻魔さま。人間の姿になって大央炎真と名乗り、地蔵菩薩が管理する吉祥寺のアパートで、秘書の小野篁とともに暮らしはじめる。だが、さ迷う死者を見つければ成仏できるように導いたり、悪い心に囚われた生者に会えば思わず成敗してみたり。地蔵菩薩にもこき使われて、ちっとも癒されない毎日だ。  そんなある日...
  • えんま様のもっと!忙しい49日間 新宿発地獄行き
    閻魔大王、歌舞伎町を駆ける!  49日間の休日を終え地獄へ帰ったものの、トラブル発生により、またしても現世にやってきた地獄の大王閻魔さま。再び人間の『大央炎真』となって、地獄の秘書・小野篁とともに新たな49日間の休暇を過ごすことに。  今回、地蔵菩薩に用意してもらった住処は、閑静な住宅街が広がる吉祥寺ではなく、大勢の人で賑わう新宿・歌舞伎町にあるビルの一室。少々騒がしいが、デパ地...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています