身体的物語論

身体的物語論

作者名 :
通常価格 1,782円 (1,620円+税)
紙の本 [参考] 1,980円 (税込)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

2016年5月に逝去した世界的演出家・蜷川幸雄。生前に彼が残した「身体」「物語」についての考察を書籍化。約60年の演劇人生のなかで、日本人の現代性を象徴する俳優たちの身体を見つめてきた。蜷川が俳優の身体を語ることは時代を語ることであり、人間存在の本質を考察することでもある。雑誌掲載されたものを再編集し、本書だけに語った語り下ろしインタビューを掲載した。構成・木俣冬による関係者らの証言を集めたレポートも併録。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / アニメ・芸能・ゲーム攻略本
出版社
徳間書店
ページ数
208ページ
電子版発売日
2018年05月29日
紙の本の発売
2018年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

身体的物語論 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年12月01日

    蜷川さんの考える演劇とはが所々書かれていた。あとは俳優の話。蜷川さんの演出を生で観れないまま亡くなって後悔してる

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月17日

    演出家・蜷川幸雄の晩年のエッセーと談話。

    1章は過去に『マグナカルタ』という雑誌に掲載された(おそらく)エッセー。
    2, 3章はインタビューや談話。
    4章は、木俣冬さんによる蜷川幸雄の人生の振り返り?(ぼくにはちょっと難しく、いまいち内容がわからなかった)。

    もっともよかった節は、第1章の「演劇...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています