絶望鬼ごっこ いつわりの地獄祭り

絶望鬼ごっこ いつわりの地獄祭り

作者名 :
通常価格 638円 (580円+税)
紙の本 [参考] 682円 (税込)
獲得ポイント

3pt

-
  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

祭ばやしが遠ざかり、空が血のように赤く染まる。「桜ヶ島祭り」の恐ろしい秘密を知ってしまった大翔はうなり声をあげた鬼に追われ…!! 一方、運動会の日に消えたはずのあの先生が学校に帰ってきた。しかし、どこか様子がおかしい!! まさか…先生が…鬼に…!? 恐怖の鬼ごっこシリーズ第3弾!!

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社みらい文庫
ページ数
192ページ
電子版発売日
2018年06月01日
紙の本の発売
2015年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

ユーザーレビュー

レビューがありません。

シリーズ作品 1~12巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~10件目 / 12件
  • 絶望鬼ごっこ とざされた地獄小学校
    地獄のような空。消えた先生たち。ろうかからは生徒のさけび声。とざされた学校で小6の大翔は恐ろしい鬼に追われることに…!! 同じクラスの悠、葵と力を合わせ、鬼から逃げきろうとするが、大翔たちの先に待っていたのは…!? 心臓ドキドキの学園ホラー!!
  • 絶望鬼ごっこ くらやみの地獄ショッピングモール
    煙のような濃い霧がショッピングモールをおおい、楽しいはずの空間は地獄に変わる! 閉じ込められた館内で迷子になった妹、結衣をさがす小6の大翔。幼なじみの悠、葵と力を合わせて鬼から逃げるが、鬼に追い詰められ、絶体絶命の大ピンチに…!! 逃げ場のない大翔たちは…!? 結衣を助けだせるのか…!?
  • 絶望鬼ごっこ いつわりの地獄祭り
    祭ばやしが遠ざかり、空が血のように赤く染まる。「桜ヶ島祭り」の恐ろしい秘密を知ってしまった大翔はうなり声をあげた鬼に追われ…!! 一方、運動会の日に消えたはずのあの先生が学校に帰ってきた。しかし、どこか様子がおかしい!! まさか…先生が…鬼に…!? 恐怖の鬼ごっこシリーズ第3弾!!
  • 絶望鬼ごっこ ひとりぼっちの地獄遊園地
    ゴーン…ゴーン…。11時の鐘の音を合図に恐ろしいケイドロ(=助け鬼)がはじまった! ひとりで捕まった悠を助けだそうと大翔&章吾が遊園地をかけまわる! 追ってくるピエロ鬼のスキを突いて時間内に悠を助けだせるか!? そんななか、杉下先生の本性が…!! 人気の鬼ごっこシリーズ第4弾!!
  • 絶望鬼ごっこ 鬼だらけの地獄小学校
    遊園地でのケイドロを終え、無事に学校にもどった大翔たち。そこで、杉下先生の正体が…!! 鬼の本性をむきだしに生徒を操り、同級生全員が鬼となった!! 鬼120匹vs子4人の鬼ごっこ。鬼だらけの桜ヶ島小学校で、逃げ場のなくなったその時…!? 人気の鬼ごっこシリーズ第5弾!!
  • 絶望鬼ごっこ だれもいない地獄島
    夏休み中、大翔はおじいちゃんが住む離島に悠、葵、章吾と遊びにきた。島で遊ぶ4人の前に突然、島の少女・小夜子があらわれ、「わたしはひろくんの許嫁です」と言う!! 一体どういうこと!? 島で過ごしたひと夏の…! 人気の鬼ごっこシリーズ第6弾!
  • 絶望鬼ごっこ さよならの地獄病院
    病気の母のお見舞い中、手術の成功が難しいことを知った章吾。「1人でどうしようもなくなったときはね。――友だちをたよりなさい」母の言葉どおり、大翔に相談しようとするが、すれちがいから孤独を感じはじめる。少しずつ章吾の様子がおかしくなり、章吾は鬼に魂を売ろうとするが…!? 人気の鬼ごっこシリーズ第7弾!
  • 絶望鬼ごっこ 命がけの地獄アスレチック
    「落ちてたまるかああぁ!」大翔は異常な高さの登り棒を、手足の感覚がなくなるほど登っていた。鬼になることを選んだ章吾をとりもどすため、命がけの修業に挑んでいたのだ。ある日、あせった大翔は禁じられた修業を始めてしまい…? いっぽう章吾は、杉下先生によって「最強の黒鬼」に仕立てあげられようとしていた!! 人気の鬼ごっこシリーズ第8弾!
  • 絶望鬼ごっこ ねらわれた地獄狩り
    鬼化しつつある章吾を、助けにむかった大翔たち。数えきれないほどの鬼におそわれ、森に逃げ込むことに。しかし、そこで不気味な『又鬼』にとらわれてしまう…! 「ぬしらが勝ったら、森をとおしてやろう」大翔たちは又鬼と、命を賭けたおぞましいゲームをすることとなり…!? 鬼ごっこシリーズ第9弾!
  • 絶望鬼ごっこ 決着の地獄小学校
    多くの試練をのりこえ、鬼に連れさられた章吾のもとにたどりついた大翔たち。しかし一足おそく、章吾はすがたも心も完全な『黒鬼』になってしまっていた! 「グルル……。これが、人間の味か」記憶を持たない黒鬼は、ようしゃなく大翔に喰らいつき――!? 超人気シリーズ、絶対に見逃せない第10巻!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています