Google Cloud Platform エンタープライズ設計ガイド

Google Cloud Platform エンタープライズ設計ガイド

作者名 :
通常価格 2,970円 (2,700円+税)
獲得ポイント

14pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

Googleが提供するクラウドサービス
AWSとの違いを軸に徹底解説

 「Google Cloud Platform」(GCP)は、Amazon Web Services(AWS)やMicrosoft Azureと同じく、企業向けのクラウドサービスとして提供されている。後発であることは否めないが、後発であるからこその特徴を備えている。

 一般的な用途では「マネージドサービス」の充実が特徴と言える。そのほか、今注目の「機械学習」「ビッグデータ」関連のサービスが特に充実しており、AI関連のシステム基盤として要注目であることは間違いない。

 本書では、「コンピューティング」「ストレージ」「ネットワーキング」「ビッグデータ」「機械学習」「アカウント管理」「運用監視」という7つのカテゴリーに分類し、GCPの特徴を、AWSとの違いを軸に解説している。

 また、GCPのサービスを解説するほか、エンタープライズ用途のユースケースに基づいて、GCPを用いた設計ガイドをまとめている。技術力に定評のあるGoogleのクラウドサービスを検討するのに最適な1冊である。

ジャンル
出版社
日経BP
電子版発売日
2018年05月18日
紙の本の発売
2018年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
16MB

    Posted by ブクログ 2018年10月28日

    設計ガイドとあるが、書籍の大半はGCPサービスの概要説明になっており、実質的な設計ガイドは最後の3章のみ。どちらかというとGCPの全体像がつかめる書籍なので、「設計ガイド」としてとらえず「GCPの全体像」として読むと良い気がした。
    GCPが提供する各サービスに関する説明は分かりやすくまとまっており、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています