熱海の奇跡―いかにして活気を取り戻したのか

熱海の奇跡―いかにして活気を取り戻したのか

作者名 :
通常価格 1,540円 (1,400円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

大前研一氏、木下斉氏推薦!

「衰退した観光地」の代名詞となっていた熱海はなぜ再生できたのか
Uターンしゼロから街の再生に取り組んだ著者を通して見えてくる、人口減少時代の魅力ある地域づくりのあり方。

◆推薦の言葉
大前研一
「単年度予算で動く行政を民間が補完して町の魅力作りを長期的に推進する格好のモデル。著者が代表を務め、熱海を活性化しているNPO法人atamistaの実績から多くのヒントが得られる」

木下 斉
「この本は地元に戻り、仲間と小さな事業を立ち上げ、成長させることが、まちの再生に繋がることを教えてくれる。読み終えたら、多くの人が挑戦したくてウズウズするだろう刺激に満ちた一冊だ」

◆著者の言葉
この本では、熱海で私たちが培った経験を、可能な限りお話ししました。
ビジネスの手法でまちづくりをすることは、熱海だけに使えるやり方というのではなく、日本全国どこの地域でも使えると思うのです。
なぜなら、かつての熱海の衰退は、日本全国の地方の衰退と同じ構造で起こったからです。(プロローグより)

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経営・企業
出版社
東洋経済新報社
ページ数
224ページ
電子版発売日
2018年06月01日
紙の本の発売
2018年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
10MB

熱海の奇跡―いかにして活気を取り戻したのか のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2018年07月28日

    地元熱海の再生に尽力し、実際に取り組んできた著者の熱海再生の実践記録。人口流出・人口減少・超高齢化地域、人通りの少ない商店街、財政悪化に地方は日本全国数あまた。ここには、そのヒントが綴られている。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年07月18日

    熱海の近くの市に住んでいたが、私が育った2000年代の熱海は本当にまずい状態だというのは父からよく聞いていた。著者の方のような物心ついた頃から熱海にいた人にとっては、その喪失感を抱きながら生活していたに違いない。そんなところで逃げずにチャレンジしたのは本当にすごいの一言。
    地方創生を考える時、まず外...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月29日

    以下3点が勉強になった点。

    ①現代版家守
    有給資産=古い家など
    大地主がいない
    土地が細分化
    複数の土地保有者にまたぎり、エリアを意識し、エリアマネジメントしていくことが必要。

    現代版家守と言うだけで、少し惹かれてしまった。
    これはマーケティング的にも面白い。
    歴史との関連も有り、ただ意欲ある若...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月13日

    単発的なものではなく、ビジネスとして利益をあげて持続可能なまちづくりをしようとする観点には共感できました。
    街の歴史と現状を知り、本質的な問題をつかむ
    街にとってのお客さんの変化を知る
    旅行で何が体験できるかを問われる時代
    人々を集める重要な要素は、街そのものの魅力であると認識する
    団体客による宴会...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月24日

    まちづくりのお勉強の一貫として。
    自分の某地方都市への移住を見据えて、自分にできることはあるのか?という問題提起も兼ねて。
    まずは色々なことを勉強して知るというのはもちろんだけど、行動力と、そこからくる周りを巻き込む力の大切さを改めて感じました。
    ゲストハウスやシェアハウスのまちづくりにおいての意味...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月08日

    どんなに良いことをしていても、稼げる活動で無ければ持続性はないし、発展もなかなかしない。
    でも、稼げる活動になるまでのハードルがむちゃくちゃ高い。稼げないから資金が必要でも、資金は稼げているところにしか集まらない。
    利益が出るというのは持続性の担保なので、大事なことなんだけど、他人の利益が許せないよ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月03日

    ビジネスの手法を用いて、民間NPO法人が中心になって街が活性化し、V字回復したと言われる熱海。その中心となった人物による著。街の中心部をコアに区切って、リノベーションまちづくりの手法で取り組んだのがミソ。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    地元への愛情という熱量

    ゆっくりパパ 2020年08月04日

    町おこしは、全国どこでも課題であり、解決したいと思っている人は多いはずだ。しかし、ただどうにかしたいと思うだけでは、どうにもならない。
    著者のような、とんでもない熱量の持ち主が何かしらのくさびを打たないと変化は始まらない。
    同じようなスピリットがある人材が各地に現れるか。それが地域再生のカギとなるだ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月24日

    2019.02 とても参考になった。作者本人の熱海復活の経緯が細かく書かれている。章ごとに、リノベーション街づくりのポイントが書かれていてヒントになる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月23日

    熱海のまちの再生の取り組みについて。
    計画なく会社を辞めて始めたところから。
    30代のクリエイティブな人たちをターゲット。そうすることで、それをみた20代も集まる。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています