50才からが“いよいよ”モテるらしい 神話「フランス女」

50才からが“いよいよ”モテるらしい 神話「フランス女」

作者名 :
通常価格 1,386円 (1,260円+税)
紙の本 [参考] 1,540円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

大人気「フランス女性は○○本」の最終回答。

「小説のようでも哲学書のようでもあり、
ドキドキしながら読み進むだけで半分フランス女になれる本!」
と美容ジャーナリストの齋藤薫さんが絶賛する。

「フランス女性は太らない」
「生涯恋愛体質らしい」
「自立している」
「美しく歳を重ねられる」・・・
囁かれているフランス女神話が、みんな正しいわけではない。

実は結構ラクじゃない彼女たちは、あえて涼しい顔をしながら、
年齢とも社会とも自分とも闘い続けている。

長年パリに暮らした著者が、神話の裏のお台所事情を、
ジャンヌ・モロー、イネスなどアイコン達の言動や
フランス女性の生の声を挙げて具体的に検証。

「では日本女性とは何なのか」が解き明かされていく仕掛けもある。
そしてフランス女たちの美意識を支える心のありように、
生きてきた軌跡が開花する魅力に、共感と元気がわいてくる。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
小学館
ページ数
226ページ
電子版発売日
2018年05月25日
紙の本の発売
2018年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

50才からが“いよいよ”モテるらしい 神話「フランス女」 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年03月09日

    理想の女像プレッシャーとマッチョな男性社会にふりまわされているあたり、「フランス女」と「ヤマトナデシコ」とは似ていますね。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています