WE ARE LONELY, BUT NOT ALONE. ~現代の孤独と持続可能な経済圏としてのコミュニティ~

WE ARE LONELY, BUT NOT ALONE. ~現代の孤独と持続可能な経済圏としてのコミュニティ~

作者名 :
通常価格 1,567円 (1,425円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

NewsPicks Book創刊2年目の第1弾はコチラ!

『君たちはどう生きるか』『宇宙兄弟』『ドラゴン桜』を仕掛けた、メガヒット編集者がたどり着いた、インターネット時代のヒットの法則!
Apple、シャオミー、楽天、ほぼ日。
使われ続ける企業にはコミュニティが必ずある!

◆メガヒット編集者によるコミュニティ論

スマホによって、大衆は分断され、
会社や近所付き合いなどの繋がりも薄くなり、人々は孤独になった。
SNSで繋がっていても、誰もが自分の居場所を探している。
だからこそ、いまの時代に合わせてコミュニティをアップデートすることが求められている。
また、大衆が分断されたことで、モノの売り方も根本から変わった。
テレビCMなどの一方的な情報は伝わらなくなり、新商品はヒットしづらくなった。
ビジネスにおいても、コミュニティを持っているかどうかが成否を分けている。
講談社から独立し、コルクを立ち上げたメガヒット編集者・佐渡島庸平は従来のビジネスモデルが崩壊していく中で、いち早くコミュニティに可能性を感じ、コルクラボというオンラインサロンを主宰している。
最前線で考え実践する佐渡島庸平のコミュニティ論。

◆本書「はじめに」から引用

『宇宙兄弟』の中にこんなセリフがある。
「We are lonely,but not alone.(我々は孤独だが、一人ではない)」
このセリフは、宇宙で一人漂う宇宙飛行士が発するものだ。しかし、たくさんの人間に囲まれていても、lonelyにはなる。どうすれば、not aloneになれるのか、コミュニティについて考えながら、探りたいと思う。 ―佐渡島庸平

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / ビジネス教養
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
NewsPicks Book
電子版発売日
2018年05月08日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
26MB

WE ARE LONELY, BUT NOT ALONE. ~現代の孤独と持続可能な経済圏としてのコミュニティ~ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年01月18日

    読んでいるというより、聞いているという感覚になる本だった。
    佐渡島さんのキャラクターとか、視点とか、そういうのがご本人らしい言葉で書かれている。

    読みやすいけど、2回3回読まないと理解を深められない気がする。もっと理解したいと思えるので、あまり普段やらないが、2回目読もうと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月03日

    名著。人の性やインターネットによる時代の変化を踏まえて、語られるコミュニティの作り方は腹落ちしまくる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月01日

    2020年の自分にぴったりと思えた。
    この本に書かれていることを、2019年までに何となく見出しつつあったので、ぴったりだと思えたのだと思う。
    インターネット、SNSをどのように活用していくのか
    ずっと自分なりに考えていたことが、とても分かりやすい文体と構成で書かれていて大変読みやすかった。いや、考...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月17日

    この1ヶ月で100冊近くの本を読んだが、その中でもダントツでオススメできる。こんなことを書くと、恐れ多いが、色んな本を読んで自分が考えていたことが、すでに分かりやすくまとめられているという感覚だった。

    自分のミッションは、教育に携わるものとして、
    クラスが、学年が、職員室が、学校が、地域が、社会が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月27日

    これからの時代に必要な能力はプロジェクトエンジニアリングである(プロジェクトマネジメントじゃなくて」、というある識者の話に大い刺激を受けているのですが、この本こそ、そのプロジェクトエンジニアリングのノウハウ本なのではないか、と興奮しました。今の時代にプロジェクトを生成させることはコミュニティを編集し...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月04日

    僕の目指している先にとても近く、コミュニティ形成についてめちゃくちゃ勉強になった。
    今、自分が解決したい課題「孤独」に対して、どんな解決策があるかを考えさせられた。
    安心、安全の提供や、自走するためのコミュニティをどう作るかを改めて考えさせられた。

    何度でも読みたい!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月22日

    まずは自分がどんな人間なのか正しく理解する【コレ一番大事!】→世に発信→正確に繰り返し積み上げ→いい人/コミュニティーと繋がる→成長していける

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月21日

    Showroom配信をしている僕がらするとファンビジネスとコミュニティーの形成は共通するところがあると感じた。

    読んでてすごく納得するところとまだわからないとこほがある。

    一度の読み切りではなく、また1ヶ月後アップデートした僕が読んだら理解できるところも増えてるだろう。

    何回も読んだ方がいい本...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月19日

    コミュニティがその人に安心と安全をもたらすことで挑戦できるようになる。

    その感覚は自分の中にあったけど、文書として読むことで初めて明確な想いに変わった気がする。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月18日

    ・ビジネスは、その結果としてついてくる。どうすれば新しいエンターテインメントの産業をおこせるか。そんなビジネスよりの発想をしていると、人の心を満足させるしくみは思いつかない。クリエイターが幸せになり、作品を通じて、その幸せが伝播していく。そのしくみを作ろうと僕は考えた。
    ・ファンコミュニティを持って...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています