現場で使える!TensorFlow開発入門 Kerasによる深層学習モデル構築手法

現場で使える!TensorFlow開発入門 Kerasによる深層学習モデル構築手法

作者名 :
通常価格 2,948円 (2,680円+税)
獲得ポイント

14pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

【本書の特徴】
2015年11月にGoogleがオープンソース化したソフトウェアライブラリ「TensorFlow(テンソルフロー)」は、
多くの開発者に支持され、多企業で採用されています。
本書は、TensorFlowの導入から、高レベルAPIであるKerasを利用した実践的な深層学習モデルまで解説した、
エンジニア向けの入門書です。第1部の基本編では、深層学習とTensorFlow、Kerasの基礎について解説し、
第2部の応用編では画像処理における応用的なモデルのKerasを使った実装方法を解説します。
特に、第2部では、「ノイズ除去」「自動着色」「超解像」「画風変換」「画像生成」を取り上げています。
TensorFlowやKerasの機能面を押さえつつ、現場で使用できるような実践的な深層学習モデルまでフォローしています。

【対象読者】
深層学習に入門したいエンジニア
【目次】
第1部 基本編
第1章 機械学習ライブラリTensorFlowとKeras
第2章 開発環境を構築する
第3章 簡単なサンプルで学ぶTensorFlowの基本
第4章 ニューラルネットワークとKeras
第5章 KerasによるCNNの実装
第6章 学習済みモデルの活用
第7章 よく使うKerasの機能
第2部 応用編
第8章 CAEを使ったノイズ除去
第9章 自動着色
第10章 超解像
第11章 画風変換
第12章 画像生成

※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
IT・コンピュータ / 情報科学
出版社
翔泳社
ページ数
288ページ
電子版発売日
2018年05月04日
紙の本の発売
2018年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
27MB

現場で使える!TensorFlow開発入門 Kerasによる深層学習モデル構築手法 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2018年05月21日

    モノクロの画像に自動で着色する技術が面白いと思いました。
    イラスト業界ではブレイクスルーとなっているみたいです。

    以前、別の本で読んだオートエンコーダーの応用。
    オートエンコーダーでは学習データ=教師データとして学習させます。
    学習データを中間層で圧縮して、伸長させる。
    結果が元データに近くなれば...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています