極点飛行

極点飛行

作者名 :
通常価格 935円 (850円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

桐村彬は、南極で物資輸送に携わるパイロットだ。チリ有数の富豪である日系実業家シラセが南極基地で負傷。救助に向かうが、帰路、謎の双発機に襲われる。背後には黄金伝説を巡る陰謀があるのか。独裁者ピノチェト将軍の元部下、南米に巣くうナチス残党とネオナチ、見え隠れする超大国の影……真の敵の正体は? 極限に命を懸ける男たちの姿が胸に迫る冒険小説の金字塔!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
光文社
電子版発売日
2018年03月23日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

極点飛行 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年09月20日

    笹本稜平は相変わらず面白い。南極大陸と南米大陸を舞台にした傑作長編冒険小説。

    南極大陸の物資輸送会社パイロットの桐村彬が日系人の富豪シラセに関わった事から大きな事件に巻き込まれていく。

    南極大陸の過酷な自然の描写に思わず身震いする寒さを感じた。真保裕一の『ホワイトアウト』、夢枕獏の『神々の山嶺』...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月06日

    以前から気になっていた笹本稜平の長編冒険小説。

    主人公は南極で物資輸送を生業とする日本人パイロット。
    真冬の南極を舞台に、黄金伝説をめぐる陰謀に巻き込まれ、追いつ追われつのエアクラフトチェイスを繰り広げる。

    南極という秘境冒険、ツインオッターという小ぶりの航空機冒険、南極からの脱出行は海洋冒...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    面白かったです。堪能できました。今回の舞台は南極。ナチスやら財宝やらいろいろ出てきて読み応えがありました。笹本ワールドは相変わらずスケールが大きくてハラハラドキドキスリル満点でそれでもやっぱり最後は愛の力を見せつけてくれて、期待を裏切りません。笹本作品のストックがなくなったので次の作品を早く手に入れ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年08月24日

    久しぶりの笹本稜平。

    いやぁ、良くできたエンタテイメントですこと♪

    謎―謎―新事実―謎―新事実―謎―危機―恋愛?―危機―危機―新事実―危機―危機―新事実―危機―勝利♪

    これでもか?と、繰り返し窮地に立たされる主人公たち。怪しいヤツは、やっぱり悪い奴だったし……味方になりそうな雰囲気を醸し出し...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年12月29日

    ・笹本稜平すっげーなー。これも一気に読んだよ。まさに冒険小説的な冒険小説。突っ込みどころ満載だけどそれを気にしてる暇ないほど勢い良く展開する秀逸なプロットが圧巻。力技なようでいて説得力があるような、でもまあおもしれえから続き読もう、みたいな。でも主人公に魅力が欠けてたなーものすごく欠けてた。それなの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月10日

     冒険小説とある。冒険する姿に驚き、困難を克服する姿に感動するという内容ではない。話のスケールが世界に広がり、時代を数世代経ての謎を解き明かすという構成になっている。残念なのは、悪党とのやり取りの場面、その経緯が複雑になりすぎて読むスピードが止まること。少し欲張りすぎたのかな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年06月03日

    南極飛行でスリルとサスペンスー(゚∀゚)

    内容としては面白かったのに、何故か読むのにものすごく
    時間がかかってしまった・・・

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています