常勝集団のプリンシプル 自ら学び成長する人材が育つ「岩出式」心のマネジメント

常勝集団のプリンシプル 自ら学び成長する人材が育つ「岩出式」心のマネジメント

作者名 :
通常価格 1,650円 (1,500円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

前人未到9連覇の常勝ノウハウをビジネスリーダーに初公開

2018年1月、帝京大学は全国大学ラグビー選手権で9連覇を達成しました。
大学スポーツは選手の入れ替わりのサイクルが短く、連覇が非常に難しいとされている中、帝京大学は前人未到の記録を更新し続けています。
勝ち続ける秘訣は、岩出雅之監督の「メンバーのモチベーションを最高レベルに引き上げ、どんな状況においても実力を最大限発揮させる」心理学的マネジメントにあります。
トップの指示命令がなくても、メンバー自らが学び、成長し続ける自律型組織を創り上げ、練習の苦しさを「楽しさ」に変える組織風土をつくり上げました。
岩出監督も就任当初は、学生ラグビー界の伝統校である早稲田大学、明治大学、慶應義塾大学にまったく勝てませんでした。
試行錯誤の末、自身の成功体験を捨て、「脱・体育会」など従来の常識を覆す数々の組織改革と科学をベースとしたモチベーション・マネジメントを導入して、単にラグビーの能力を上げるのではなく、創造力と人間力にあふれ自律的に動く人材が育つ組織風土・文化をつくりあげました。
その結果、帝京大学ラグビー部は常勝集団へと変貌を遂げました。
岩出監督のマネジメント手法は、ビジネスの現場でも大いに役立ちます。
本書では、ビジネスリーダーの方々に向けて、常勝集団になるための「岩出メソッド」を初めて公開します。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経営・企業
出版社
日経BP
ページ数
248ページ
電子版発売日
2018年03月09日
紙の本の発売
2018年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
16MB

常勝集団のプリンシプル 自ら学び成長する人材が育つ「岩出式」心のマネジメント のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年05月10日

    優れたリーダー=「率先垂範」
    組織のトップが一番注力すべきは「企業/組織文化」と断言する
    そして組織文化の骨組み(フレームワーク)は「トップがつくっていく人工物」
    今を楽しむ=最もパフォーマンスが高い状態を維持するために変化して「自律型集団、自ら考えて行動する」

    外部環境の変化 ⇒ 内部環境の変化...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月12日

    友人のおすすめで読んだ本。
    全国大学ラグビーフットボール選手権大会で9連覇を達成した帝京大学ラグビー部の監督(岩出監督)が執筆。

    昨年はラグビー日本代表が大躍進した年でもあり、
    ラグビーが以前より身近になったこともあり、手に取りやすいのかな。
    スポーツが好きな人とかビジネス書が苦手という人にいいか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月14日

    チームの指導者は是非読んでおきたい本。アメトムチではだめ。四年生に雑用を。フロー(幸せ)を感じるようなチーム作り。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月25日

    チームビルディングを従来の体育会系から大きく異なった視点から描かれている。目から鱗とはこのこと。読めば読むほど面白く、今までの自分の考えが如何に古いかを思い知らされた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月30日

    組織のマネジメントが非常に役に立った‼︎

    成長マインドセットを実践したい‼︎

    モチベーション3.0を購入してみた‼︎

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月04日

    帝京ラグビー前人未到の9連覇の秘密がオープンになりました。先ずなにが凄いかって主将たちの優勝インタビュー。2014年度流大君の言葉「本当にここまで大学関係者、ラグビースタッフ、ファンの皆さま、仲間に支えられてきました。今日試合に出ていないメンバーを笑顔にできたことを本当に幸せに思います。まず筑波大学...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年04月29日

    皆様は勝てる組織、リーダーとはどういうものだと思いますか?

    統率の取れた組織、圧倒的カリスマリーダーのいる組織、みんな切磋琢磨し緊張感に溢れる組織、などなど。一人一人なんとなくでも組織像、リーダー像というのは持っていると思います。

    私は、従来型の規律、統率の取れた組織や怖い強烈なリーダーシップの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月18日

    大学ラグビー選手権9連覇を成し遂げたからこその説得力のある本書。マネジメント論としての特段の目新しさはないものの、話の重点の置き方で新たな発見があった。

    ・勝ち続ける組織とは、「メンバー一人ひとりが自律的に考え、行動し、仲間と助け合いながら、自ら学習、成長する集団」(P20)
    ・言いたいことを「相...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月06日


    個人的にスポーツに関わる全ての人や体育会系の方にぜひ読んでほしいと感じる。
    ひと昔前の飴とムチではなく、皆が成長していけるように組織として奪う人から与える人へ。
    与えるという感覚を身につけることこそ、あらゆる組織で上手くやっていける秘訣であり自分とその周辺の人達を幸せにする秘訣だと思う。
    体育会系...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月19日

    大学選手権9連覇中の帝京大学をどのように作ったのか、その方法を岩出監督が解説。
    モチベーション3.0など、ビジネスでも使える考え方が満載。どういう考え方で作られた組織であるかは非常にわかりやすい。が、これを実践していくことはどれほど難しいか…。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

常勝集団のプリンシプル に関連する特集・キャンペーン