探偵小説の様相論理学

探偵小説の様相論理学

作者名 :
通常価格 1,650円 (1,500円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

〈モナド(個世界)〉の〈ロゴスコード〉が〈モナドロギー〉=〈セカイ系〉となるのに対し、モナド的な探偵小説ははたして成り立つのか? 還元公理によって主体の唯一性を保証する論理観のもとでこそ、唯一の真理を特定する探偵小説が成立する。しかし、現在性を反映した、ループする時間、分岐し複数化する主体のもとで、たったひとつの真理を決定する探偵小説は極めて成立しにくくなっている。〈セカイ系〉的、モナドロギー的な探偵小説ははたして成立するのか、それとも別の探偵小説の形態の可能性はあるのだろうか。
現代の最先端のミステリ作品と、分析哲学の様相論理をつきあわせる、スリリングな現代思想的探偵小説論。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
南雲堂
電子版発売日
2016年06月29日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

探偵小説の様相論理学 のユーザーレビュー

    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年11月18日

    推理小説を様相論理学と関係づけて説明している。

    「モナドロギーからみた<涼宮ハルヒの消失>」のように具体的な作品に触れて,論を展開している。

    ラキスタにおけるツンデレの元々の意味についての紹介のように,細かいことに拘っているところがよいかも。

    探偵小説というよりは,推理小説と言った方が正確かも...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています