英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄
  • 完結

英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄

作者名 :
通常価格 702円 (税込)
紙の本 [参考] 864円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

私の歴史観はなぜ変わったのか?滞日50年、三島由紀夫との交友でも知られる最古参外国人ジャーナリストの瞠目の発言!来日時には「日本=戦争犯罪国家」論、「南京大虐殺」を疑うことなく信じていた著者は、やがてその歴史観を180度転換させる。「日本悪玉論」は有色人種を蔑視した白人優位主義から発した、歴史をあざむく思想である。日本は侵略国家ではない。さらに、南京事件、靖国参拝、従軍慰安婦問題は、すべていわれなき非難だと断じた話題のベストセラー待望の電子化!解説・加瀬英明。

ジャンル
出版社
祥伝社
掲載誌・レーベル
祥伝社新書
ページ数
252ページ
電子版発売日
2014年08月01日
紙の本の発売
2013年12月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2017年01月12日

実はスゴい内容です。甘く見ていてご免なさい。
筆者が長期にわたる記者人生を語るものです。
三島由起夫との付き合いのくだりはスリリングですらありました。
ストークス氏を通じて三島本人が語りかけてくるようです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年11月22日

歴史観や認識はある意味相対的なものなので、絶対にこれしか無いというものは無いなと思う。日本が属国化しているのは事実で、国民主権では無いが、今回の選挙は大きなチャンスかもしれない。ここで国民の意思を示すべき。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年10月17日

元ニューヨーク・タイムス東京支局長の著書。南京虐殺や従軍慰安婦の強制連行を否定する立場に立って、報道の経験や三島由紀夫との交流をベースに、かなり客観的に書かれている。右翼的な主張をする人は概して攻撃的で敬遠してきたが、この本は、その主張にもしっかり根拠があることが分かって参考になった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年11月14日

日本で海外の報道誌の編集長を歴任した著者による、日本を語った一冊。

若干右よりの感はあるものの、巷のネトウヨの言説と違って、イギリス人から見た日本だから勉強になった。
あと、息子がハリー杉山らしい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年11月15日

 この作品が扱っている出来事は,とても地理的な範囲が広いとともに,時間軸でも長いものです。それだけ,いろんな見方ができると思います。それについて読んで,知り,考えることは大切だと思って読んでいました。
 話題が少し多岐にわたっていて,もう少し詳しく書いて欲しいと思った項目もいくつかありますので,そこ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play