これであなたは猫検(ニャンケン)1級!全国の愛猫家に贈る猫にまつわる面白必修語100選。〈初級〉猫に小判・猫の額etc.〈中級〉猫板・猫跨ぎetc.〈上級〉皿なめた猫が科を負う・小姑一人猫千匹etc.etc. ユーモアあふれる解説と愛らしいイラストが満載の、猫好き必携の1冊!

ジャンル
出版社
祥伝社
ページ数
129ページ
電子版発売日
2014年02月07日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

猫辞苑 現代「猫語」の基礎知識

Posted by ブクログ 2012年04月26日

まずとにかくイラストが可愛い。猫の柔らかさ、愛らしさが存分に描かれている。それだけで猫が膏肓に入ってしまった人には一見の価値がある。
猫に関する日本の言葉が100個。日本人が猫をどういう生き物として捉えてきたのかが分かる。

このレビューは参考になりましたか?

猫辞苑 現代「猫語」の基礎知識

Posted by ブクログ 2009年11月23日

比較的一般に使われている言葉を中心にした、猫のつく言葉の辞典です。

若干海外由来のものがあっても、それでもこれだけ猫のつく言葉があることの驚き。

日本は、猫の国なのでしょうね。

このレビューは参考になりましたか?

猫辞苑 現代「猫語」の基礎知識

ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年08月11日

著者の『きみの町に星をみているねこはいないかい』を探していて見つけました。
でも表紙がちょっと痛そうでね…。

以下、抜粋と感想です。(溺愛モード全開)

「あってもなくても猫のしっぽ」
あってもなくてもどちらでもいいもの。
役に立たない無駄なもののたとえ。

これはあんまりな…。
でも長くても短く...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

猫辞苑 現代「猫語」の基礎知識

Posted by ブクログ 2004年12月18日

ねたをもうひとつ。
現代「猫語」の基礎知識

といってもミャウリンガルではありません。
猫に関する言葉の解説をまとめた本です。

たとえば「ねこ」って単語の語源を知ってますか?とか
ネコババのババっておばあさんのことじゃないんですよとか。
ふざけたタイトルの割にはためになります。
猫と一緒でちょっと...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?