月のパンドラ ファントムの鐘

月のパンドラ ファントムの鐘

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

-
  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

深い眠りに落ちているシャルル王のために、18世紀のフランス宮廷で「パンドラ」を探す璃羽。貴族の姫君としてベルサイユに出入りしている璃羽を、ネッケル夫人がサロンに招待してくれた。姪がオペラ座の舞台に立つのでお祝いをするというのだ。何やらいわくありげなその舞台に、なぜか璃羽も出演することに……。クウガはイヤな顔をしていたが、「パンドラ」の気配を感じていた璃羽は!?

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社コバルト文庫
ページ数
272ページ
電子版発売日
2018年02月23日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

ユーザーレビュー

レビューがありません。

シリーズ作品 1~4巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~4件目 / 4件
  • 月のパンドラ
    550円(税込)
    フランス革命が未遂に終わり、ブルボン王朝が続いている18世紀のベルサイユ。少年王シャルルを救うため、この世界に召喚された日本の女子高生・璃羽は「王のパンドラ」を探さねばならない。仲間である騎士クウガは普段は貴族としての仕事をしているので、地方貴族の税金を取りたてに行くことになった。その貴族の城にパンドラの気配を感じてしまった璃羽は、クウガに同行させられて……?
  • 月のパンドラ ファントムの鐘
    深い眠りに落ちているシャルル王のために、18世紀のフランス宮廷で「パンドラ」を探す璃羽。貴族の姫君としてベルサイユに出入りしている璃羽を、ネッケル夫人がサロンに招待してくれた。姪がオペラ座の舞台に立つのでお祝いをするというのだ。何やらいわくありげなその舞台に、なぜか璃羽も出演することに……。クウガはイヤな顔をしていたが、「パンドラ」の気配を感じていた璃羽は!?
  • 月のパンドラ カルカソンヌの聖母
    ブルボン王朝が続いている18世紀フランス。南方の地・カルカソンヌの聖母像が血の涙を流したという噂が宮廷に届いた。シャルル王の「パンドラ」を探す璃羽は、司祭として命を受けたレオンとカルカソンヌへ向かう。そこは同行する騎士クウガが、兄のユウジンと一緒に子供のころに暮らしていた場所だ。現在は2人の叔父が住んでいるその城には、クウガの幼なじみの美少女がいて……?
  • 月のパンドラ カテドラルで眠れ!
    シャルル王の宝「パンドラ」を探すために18世紀のフランスに召喚され、騎士クウガたちと行動をともにしている璃羽。ある日、クウガが飼いならしている鳩が行方不明になった。璃羽にとってはどの鳩も同じだが、クウガは鳩を探すのに必死だ。そのとき璃羽の第三の眼が反応した! 現れたのは、迷い鳩を保護したという伯爵夫人。早速、彼女の城を訪問することになった璃羽たちは……!?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています