デモクラシー

デモクラシー

作者名 :
通常価格 1,080円 (税込)
獲得ポイント

5pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

新しい世紀にむけたデモクラシーの深化と徹底化に不可欠な基本的主題とは何か。デモクラシー理念の歴史的展開を踏まえ、主権的国民国家とデモクラシーの問題や、「精神の自由」(リベルテー・モラル)論、相互承認論などを近代日本の民主主義的伝統に位置づけ直し、デモクラシー再生にむけた解釈学的復権の可能性を考える。

ジャンル
出版社
岩波書店
掲載誌・レーベル
思考のフロンティア
ページ数
142ページ
電子版発売日
2018年02月15日
コンテンツ形式
XMDF

Posted by ブクログ 2017年03月07日

前半は、古代ギリシアの直接民主制と近代ヨーロッパの間接民主制を対比的に考察し、それぞれの根幹をなす精神に大きな違いがあることが明らかにされます。

後半は、近代日本の政治思想史上の中に、「リベルテ・モラル」の系譜が描き出されています。取り上げられている思想家は、中江兆民、吉野作造、石橋湛山、丸山眞男...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年03月07日

「思考のフロンティア」シリーズということに過剰な期待を寄せていたからであってほしいが、率直に言って失望した。日本で有数の政治理論家として知られる著者による民主政論だとは思えない。まず第一に、「精神の自由の問題」と「近代日本の民主主義的伝統——その解釈学的復権にむけて」との二つの章からなる第Ⅱ部「デモ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2005年09月28日

「デモクラシーの基本問題に関して、表現と内容の双方で政治学の
初心者にも理解しやすい平易な論述」をした、入門書。

「デモクラシー」に関する有名な理論を紹介しつつ、今日の
「デモクラシー」への期待感を結果として表明している。と思う。
自由とは、選択の可能性が無限に広がっていることと同時に、
「正しい...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play