愛をこうひと
  • 完結

愛をこうひと

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

【ページ数が多いビッグボリューム版!】「母さん、なぜ私を生んだの?」虐待を受けながら育った娘は、ずっと自問していた――。一度は自分を捨てた母に、父の死後引き取られ、ともに暮らすようになった照恵。しかし、それは実の母親から壮絶な虐待を受ける、地獄のような日々の始まりだった。やがて自らも母となり、やっと穏やかな生活を手に入れた照恵だったが、1本の電話が、彼女の封印してきた過去の記憶を呼び覚まし…。虐待により踏みにじられた魂の再生を、曽根富美子が描ききった感動作。原作のその後を描いたオリジナル番外編『闇がひらかれるとき』、原作者・下田治美氏の解説文も収録した完全版。

カテゴリ
少女・女性マンガ
ジャンル
女性マンガ
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
月刊office YOU
ページ数
272ページ
電子版発売日
2018年01月25日
サイズ(目安)
56MB

愛をこうひと のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年03月22日

    モンスター婆の横暴に読者の怒りもヒートアップしていくが半生が分かると複雑な気分にもなる。
    後日談での落魄ぶりは寒気すらするが、主人公の旦那と娘さんが聖人に匹敵する程の人格者である事が話に大いなる救いをもたらしている。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月08日

    この本を読むのは、2回目。下田治美のエッセイが大好きだが、小説となると雰囲気がまったく違う。本当に治さんが書いたの?と疑ってしまいたくなる感じ。小説も大変面白い。さて、主人公は母親から壮絶な虐待を受けながらも立派に育ち、愛する人と結ばれ母となった。かつて自分には縁がなかった家族を得たのだ。母親からの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2016年09月30日

    読んでいる間ずっと胸が苦しかった。母親がひどすぎて、主人公が哀れすぎて。救いは素晴らしい家族を得られたこと。虐待の連鎖が止まって本当によかった。読み終わった後もずーっと重たいものが残ります。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています