私と私
  • 完結

私と私

作者名 :
通常価格 594円 (540円+税)
紙の本 [参考] 638円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

「要らないと思っていた私の世界は、美しく穏やかだ…」美和と実和。同じ名前で正反対―。“もうひとりの自分”に出会った時、少女たちは本当の自分を知る…(「私と私」)。他三篇を収録。切なさと優しさが心に刺さる、珠玉の短篇集―。

カテゴリ
少女・女性マンガ
ジャンル
女性マンガ
出版社
コアミックス
掲載誌・レーベル
月刊コミックゼノン
電子版発売日
2018年01月20日
紙の本の発売
2018年01月
サイズ(目安)
71MB

私と私 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2019年06月10日

    佐原ミズさんの『私と私(2018)』を読んでみた。 おいら、一ヵ月前?くらい前?からこの作品が気になってました。 表紙も素敵だ、タイトルも好みだ。 そして内容を読んでみると、”箱庭の虜”を読んでいるときに これは面白いと思ったら・・・ タイトルの”私と私”は面白かった。 主人公たちの描写が好みだ。ス...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年03月27日

    大好きな佐原ミズさんの作品。マイガールの雰囲気が大好きで、この作品も絶対素敵なはず!と即買い。
    内容とはあまり関係ないかもだけど、自分がコンプレックスに感じているものって、違う視点で見れば強みなのかなーとか思ってみたり。いろいろ実生活で思うところがありましたが自分ばっかり大変だとか思うのやめようと思...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年02月22日

    本屋さんでみかけたので即買い。

    はじめて作品に触れたのは「ほしのこえ」
    女の子の切なさや、世界の理不尽さがダイレクトに伝わってきてすっかりファンになり


    そして今回も。

    残酷なほど心をえぐり続ける描写。
    心の穴は空いたまま、えぐられたままの傷口に雨が降り注ぐ。とても染みるのだけれど、それは温か...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月02日

    私は救いの話という印象を持ちました。

    苦しみや悲しみを人との出会いによって乗り越えていく姿に心打たれます。
    良い出会いは、人生を変えてくれますね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月22日

    10代の頃、もう少し自分以外の人の事を考える頭を持ちたかった、今ならできるのになぁ…と言う気持ちになる。今でも失敗する事は多々あるけれども。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月20日

    この漫画家さんは昔から短編が大好きで(一番最初に読んだ短編はどこのコミックスにも載ってない…
    今回もとてもよかった。こういう雰囲気とても素敵だなぁ。暗い設定だったけどどれも未来を感じる。そして本当に絵が綺麗。カラーは本当綺麗。

    最後の最後に希望があってほっとした。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    心の希望と現実の闇

    まさかさかさま 2020年01月12日

    最後には、登場人物皆が救われます。

    何処かで観た絵だと思ったら、ほしのこえでした。
    見易いタッチで、登場人物の魅力がじわっとでてます。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

月刊コミックゼノン の最新刊

無料で読める 女性マンガ

女性マンガ ランキング