どうにかなりそう
  • 完結

どうにかなりそう

作者名 :
通常価格 1,188円 (1,080円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

小玉ユキさん絶賛!
(漫画家・『坂道のアポロン』『月影ベイベ』他)

岡藤さんが描く女の子の、
白く柔らかい肌から伝わる熱い炎。
ドキドキの上に切なさがつのり、
感傷と共に読み終えました。
私もどうにかなりそう。
 

私は変? だけど認めてほしいだけ。
私がここに、いるということ──


狂おしいほどに心をかき乱す、
誰にも言えない秘めた情熱。

そんな不器用な思春期の性を
大胆かつ繊細な筆致で描く
気鋭のイラストレーター・岡藤真依が、
その世界観を物語に拡張した
初&衝撃のオールカラー・コミック作品です。

物語に登場するのは、
どこにでもいる平凡な少年少女たち。
しかしそれぞれに、恋と性にまつわる
秘めた思いを抱えていて……。

(きっと軽蔑されるだろう)
(だけど本当はわかってほしい)


そしてその思いは
さまざまな形で波紋を広げ、
事件を巻き起こしていきます。

時には幸福な形で。
時には痛みをともなって。


初出連載分に大幅な加筆と「序章」、
および物語が収斂(しゅうれん)する
最終話「文化祭」を加えた、
必読の決定版です。

カテゴリ
少女・女性マンガ
ジャンル
女性マンガ
出版社
イースト・プレス
ページ数
164ページ
電子版発売日
2018年01月18日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
103MB

関連タグ:

書店員のおすすめ

ある高校の生徒たちの恋模様をオムニバス形式で描いた一冊です。水彩絵の具のようなタッチのせいか、マンガのようでマンガではないような読後感です。
この本の推しどころは、ズバリその果てしない「ムッツリスケベ」ぶりです。
好きな気持ちをうまく伝えられなくて、想い人のユニフォームを盗んだり、保健室で寝ているところにこっそりキスしたり、と学園ものの王道を行く展開のお話が多いですが(百合成分もあります)、シャツの間からのぞくパンツのレースのさりげなく緻密な描写など、時々マニア心をくすぐるディテールが現れるので油断なりません。 「純文学を朗読しながら素足で男子の顔を踏むメガネ女子」など、ほんわかした絵柄とのミスマッチに悶絶必至なシチュエーションも登場します。終始関西弁のセリフも相当ぐっときます。
自称・ムッツリスケベさんは全員読むべし!!

どうにかなりそう のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年06月25日

    かすれるような柔らかい線と、淡い色での着彩。
    青味がかった背景の多用によって、肌の色あいが映え、セーラー服のスカーフの赤が鮮烈に印象に残る。

    予備知識もなく、本屋で表紙のイラストが目に留まっただけで買った私が家に帰り、この本を少し読み進めただけで、すぐにこの本の真の魅力が絵の雰囲気とは別のところに...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月02日

    思春期の少年少女の日常をエロティックに描く漫画。独特の水彩タッチの揺れるような筆致に心奪われる。
    テーマは「性の目覚め」ではあるが、優しい絵なので全くいやらしさはない。しかしちょっとドキドキする感じがいい。
    漫画はほとんど読まないので、たまに読んで「いい感じ」だと嬉しい。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年01月27日

    吉澤嘉代子がおすすめしていたから読んでみた
    雰囲気ぴったり「残ってる」とか…

    好きの延長は素敵だな短い物語だけどときめく
    野球部の子とマネージャーがとくに好きだった
    ダイブする場面はぎゅってなった

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています