水上悟志短編集「放浪世界」
  • 完結

水上悟志短編集「放浪世界」

作者名 :
通常価格 594円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

少年の頃、世界の全てだった団地…でもそこは…!!? 出口も入口もない虚無の旅…その先に待つ衝撃の真実とは…。水上SFの新たなる金字塔「虚無をゆく」を含む全5作収録の待望短編集!!

ジャンル
出版社
マッグガーデン
掲載誌・レーベル
月刊コミックガーデン
ページ数
178ページ
電子版発売日
2018年01月10日
コンテンツ形式
EPUB

関連タグ:

Posted by ブクログ 2018年04月02日

『二本松兄妹と木造渓谷の冒険』が、水上先生のシンプルな面白さの塊とするのならば、この『放浪世界』は水上先生の拗れ、熟れ、捻じれた面白さが詰まっている作品集だ
どちらが面白い、好きは決められるものじゃない。どちらにも、水上先生らしさがたっぷり、そこだけが重要だ
『竹屋敷姉妹、みやぶられる』
この短編集...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

満足!

ドラえもん 2018年03月10日

どれも満足でしたが、最後の「虚無をゆく」は読んだ後めっちゃ余韻に浸りました!
おススメです♫

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

もしかして最高傑作?

KTFM 2018年01月18日

絵柄にやたら奥行きが付いたと思ったらあれらの連載終わったあとデッサン教室に通っていたですと!?

トリの虚無をゆくは作者にしてはかなりシリアスなSFです。
ページ数も多く読み応えも抜群で、もしかしたら最高傑作になるのではと思えるような傑作読み切り

デビューからずっと好きで10年以上十二分...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年01月22日

「彼ら」は人間の頭の上に住んでいる
「小さな宇宙人(ドワーフ)」達だ

漫画に出てくる双子はなぜみんな同一化しようとするのか問題。そして教室を入れ替わる。
人はきっとみんな誰かと一心同体になったり見分けられなくなったりしたいのだ。

でも現実の双子を同一視すると病むので気を付けましょう。

という...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年01月14日

まんぞく

とか終わらせてたらもったいないが、大長編短編な虚無をゆく、は最強の男工藤と仲良くなれそうだ。
双子の話は良い、結局頭のなかだけじゃ生きていけないんだよ。
水上ワールドとのつながりが気にもなるかわいい作品達だった。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています