魔法をかける編集

魔法をかける編集

作者名 :
通常価格 1,584円 (1,440円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

編集と言うと、文章を仕事にしている人たちだけに
必要なスキルと思われがちですが
企画やマーケティング、広報、町おこし……あらゆるビジネスに役立つ技術なのです。

「すごくいい商品なのに伝わらない」
「田舎に人が来なくて諦めモード」
「イベントやっても盛り上がらない」
このような悩みも解決できる「編集力」を身に付けましょう。

「編集」とは、理想とする「ビジョン」を、多様な「メディア」を活用して実現させようとするための手段です。
メディアと言うと、紙やウェブ、テレビだけと捉えられがちですが
モノ・店・街・人(自分自身だって)もメディアなのです。

そんなメディアを編集することで
マイナスをプラスに変えたり、忘れられていたものを人気商品にしたり、ローカルから全国へ発信できたりします。
たとえば、水筒に「マイボトル」というネーミングを付け、新しい価値を付加することによって、全国のOLさんたちが水筒を持ち歩くようになりました。
編集という魔法をあらゆるメディアにかけていくと
「今」という現状をよい方向に変えられるのです。

今、田舎をもっとも沸かす編集者が技術を公開!
著者は、雑誌「Re:S」や秋田県のフリーペーパー「のんびり」の編集長であり、
水筒やフィルムカメラ、御朱印帳ブームを作った藤本智士氏。
本書では、多種多様なメディアを使って、
これまで当たり前だったことに新しい価値を付加していくプロセスとコツをすべて公開します。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / ビジネススキル
出版社
インプレス
掲載誌・レーベル
しごとのわ
ページ数
240ページ
電子版発売日
2017年12月24日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

魔法をかける編集 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2018年12月06日

    地元を元気にしたいという思いはあるものの、どう動けばいいのか…

    この本をきっかけに、自分が変わらねばと思いました

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月01日

    秋田出身の友人が、ずっとこの著者の藤本さんのことについて書いていて、気になっていたのですが、
    つい先日の、この本にも登場する柿次郎さんがジモコロ上で行った藤本さんのインタビューを読んでその日に手にとって読み始めました。

    なんとなく、webメディアにおいての『編集』というキーワードについて考えること...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月06日

    この本を読んで、仕事(WEBメディアの編集)にやり切れなさを感じてしまう理由がわかって、私がおかしいわけじゃないんだなと思った。

    あと、「移住=人の奪い合いでは?」という視点は、ある場所のことを発信するなら、そこに移住しなければいけない、という思い込みを捨て去るのに役立った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月17日

    編集とは、狭義の編集ではなく、広義の編集である。
    ということで、町おこしや地域おこしに繋がる話が出てきて、とても興味深く読めました。

    魔法、とか、勇者とかにたとえられることで最初つかみづらく、少し分かりにくかった部分がありましたが、
    都会や地域への考え方を変えるひとつのきっかけになりました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年02月11日

    あたらしい物事を世の中に提案するときは、あたらしい言葉が必要
    名付けて共有させる

    こんなものがあったらいのに、を目の前に用意する

    メディア ☓ 編集 = ビジョン
    雪の芽舎☓人間が造るのではなく、授かる酒作り=普通酒ではなく、純米酒がスタンダードな世の中

    八戸の町☓八戸ブックセンターの設立=本...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています