精神鑑定はなぜ間違えるのか?~再考 昭和・平成の凶悪犯罪~

精神鑑定はなぜ間違えるのか?~再考 昭和・平成の凶悪犯罪~

作者名 :
通常価格 836円 (760円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

附属池田小事件、新宿・渋谷セレブ妻夫バラバラ殺人事件、池袋通り魔殺人事件、連続射殺魔・永山則夫事件、帝銀事件――ベストセラー『発達障害』の著者が、昭和・平成の凶悪犯罪の精神鑑定をもとに明らかにする精神医学の限界と忖度。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社新書
電子版発売日
2017年12月22日
紙の本の発売
2017年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

精神鑑定はなぜ間違えるのか?~再考 昭和・平成の凶悪犯罪~ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年07月27日

    精神医学は未だ未熟、という所から入るこの本から見えるのは精神鑑定の危うさ。これが判決に大きな影響を与えると思うと複雑な物があります。

    新書という事もあり、各事件の掘り下げ方は割とあっさりしています。個人的には少し食い足りなさが残る一冊でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年05月13日

    精神鑑定はすべて本人の訴えであり客観的な評価がそもそもできない。また、医師が何か精神状態に異変があったに違いないという態度で面接に臨むと一定の割合で、患者側もこれに応えようと医師が望むような症状に話してしまうという。ときには精神科医の誘導により偽の記憶が無自覚に捏造されることさえある。残念ながら精神...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年12月11日

    伝説と化している事件から記憶に新しい事件まで、凶悪な犯罪を犯した人々の内面を掘り下げた研究書。
    逮捕後の精神鑑定は、与えられる情報が偏っている可能性が高く、専門家といえども中立的な判断を下すのは困難だということがよく理解できた。
    犯人たちの犯行に至るまでの来歴は素人目にも異常だ。治療するなり保護する...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年04月25日

    これまで大きな議論となった池田小事件、新宿バラバラ殺人事件、池袋通り魔事件、永山則夫、帝銀事件が扱われている。

    改めてこれらの事件を概観してみると、永山則夫のように情状で論じる必要はあるものの、責任能力には問題がないと思われるケースでも鑑定人の気持ちの持ちようでは(裁判では採用されなかったが)心神...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています