プロパガンダゲーム

プロパガンダゲーム

作者名 :
通常価格 583円 (530円+税)
紙の本 [参考] 722円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

「君たちには、この戦争を正しいと思わせてほしい。そのための手段は問わない」大手広告代理店「電央堂」の就職試験を勝ちあがった大学生8名。彼らに課された最終選考の課題は、宣伝によって仮想国家の国民を戦争に導けるかどうかを競うゲームだった。勝敗の行方やいかに、そしてこの最終選考の真の目的とは?――先の読めないゲーム展開と衝撃のラストが、宣伝広告の本質、ネット社会における民主主義とはなにかを読者に問いかける。アマゾン電子書籍の人気作を大幅改稿した完全版!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
双葉社
掲載誌・レーベル
双葉文庫
電子版発売日
2017年12月20日
紙の本の発売
2017年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

プロパガンダゲーム のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2018年06月03日

    面白い本だった。
    何が正しくて、何が間違っているのか。
    そして、どこに視点を合わせるのか。
    いろんなことがこの本の中に含まれていて、勉強にもなった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月15日

    テンポが良くて、一気読み。これは映画化確定かな。面白いゲームだった。最後の終わり方だけはもう一捻りほしかったけど。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年11月13日

    珍しく小説である。

    大手広告代理店の就職試験の最終選考に残った8人の大学生。彼ら・
    彼女らにはとある課題が課せられる。宣伝戦略を利用して、仮想
    国家の国民を戦争に導けるか。

    学生たちは戦争に導きたい政府側、戦争をさせたくないレジスタンス
    側の2チームに分かれ、広告代理店が集めた100人...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年10月18日

    ‹内容紹介より›
    「君たちには、この戦争を正しいと思わせてほしい。そのための手段は問わない」大手広告代理店・電央堂の就職試験を勝ち上がった大学生8名。彼らに課された最終選考の課題は、宣伝によって仮想国家の国民を戦争に導けるかどうかを争うゲームだった。勝敗の行方はいかに、そしてこの最終選考の真の目的と...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月05日

    【プロパガンダ】特定の思想・世論・意識・行動へ誘導する意図を持った行為の事である。


    就職の最終選考という名目で行われるプロパガンダゲーム。
    設定が実に興味深く、情報操作は容易い事なんだと思い知らされた。

    都合のいい情報だけを信じて選択するよう気がつかない内に誘導され、物事の大半は多数決で決ま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月02日

    プロパガンダゲーム自体は皆本気でやりどんでん返しありで面白かったがその後日談の方が更に面白い。
    与えられるままの情報に翻弄される人々の感情が登場人物を通し描き出されていて、まさにこれは現実だと思った。
    TVのニュースを見てこれはプロパガンダだ!と気付けるだろうか?たぶん無理だ。巧妙に隠され見えるのは...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月21日

    就職活動の採用試験として、8名の学生を政府(戦争推進)とレジスタンス(戦争反対)に各4名ずつ振り分け、4人のうち1名が相手のスパイ。ネット上の架空国家のベースとし、100名の中立な市民に投票させ、相手に勝てるかを競わせる、という初期設定がとにかく素晴らしい。この設定を考えついただけで100点という感...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月19日

    一部実話なんじゃないの?て思うくらいリアルな設定。
    締めがうーんて感じだったけどスラスラ読めて面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年07月13日

    面白いしこわさもある。
    本当に深く思慮し、論理的に展開すれば矛盾もなく人を動かせる。そうなった時に何が正義で何が悪かすら分からなくなる。それが現代メディアのこわさであり、この社会のこわさ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年05月03日

    おもしろかった!

    「君たちには、この戦争を正しいと思わせてほしい。そのための手段は問わない」

    大手広告代理店・電央堂の就職試験を勝ちあがった大学生8名。
    彼らに課された最終選考の課題は、宣伝によって仮想国家の国民を戦争に導けるかどうかを争うゲームだった!

    ちょっとコワイけど。
    それに、デキ過ぎ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

双葉文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング