猫とスピカ

猫とスピカ

作者名 :
通常価格 712円 (648円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「お金がないから、カラダで払います…!」 自宅の前に座り込んでいた謎の青年・クロを拾った鴻太。もともと面倒事は嫌いなタイプだったけど、そのほっとけない容姿に思わず絆されてしまい、しばらく泊めることに。すると、一般常識をなにも知らないクロにお世話になったお礼をカラダで払うと言われて…?

ジャンル
出版社
コアマガジン
掲載誌・レーベル
drap
電子版発売日
2017年12月02日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
60MB

新刊オート購入

猫とスピカ のユーザーレビュー

    購入済み

    かわいい

    花子 2019年11月17日

    くろちゃんかわいいです。
    攻めはめんどくさい事が嫌いなのに、くろちゃんの事はついついお世話しちゃいます。2卷に続いてます。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    続きます

    おげん 2017年12月07日

    凄く中途半端なところで続きます。
    正直何冊も続く内容な気もしなかったので驚いて見返してしまいました。
    続巻ものには巻数を書いて欲しいなぁと思うのは我が儘なのでしょうか。
    試し読み増量を読んでから買ったのですがワケあり少年との恋かと思いきや赤ちゃんのような可愛い少年とのファンタジー?なのでしょう...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    不思議なお話

    たなこ 2020年06月05日

    設定ははっきりとわかっていませんが、とりあえず可愛い、癒される。
    クロちゃんがいろんなことを勉強していたテレビの情報量はやっぱりすごいんだなあと思いました。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年07月11日

    ▼あらすじ
    自宅の前に座り込んでいた謎の青年・クロを拾った鴻太。元来、面倒事は大嫌いなタイプだけど、そのほっとけない容姿に思わず絆されてしまい、しばらく泊めることに。すると世間の一般常識をなにも知らないクロが、いきなり「お金がないからカラダで払います!」と言い出して、気持ちいいセックスに目覚めちゃっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    えろい

    ハム 2020年06月22日

    クロの正体はやはり猫なのかな?友人猫アレルギー出てたし。クロが可愛くてストレートな表現もまたよくてえろい!!

    このレビューは参考になりましたか?

猫とスピカ のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 猫とスピカ
    712円(税込)
    「お金がないから、カラダで払います…!」 自宅の前に座り込んでいた謎の青年・クロを拾った鴻太。もともと面倒事は嫌いなタイプだったけど、そのほっとけない容姿に思わず絆されてしまい、しばらく泊めることに。すると、一般常識をなにも知らないクロにお世話になったお礼をカラダで払うと言われて…?
  • 猫とスピカ2【電子限定描き下ろし付き】
    ■鴻太×クロ編 “死ぬまで面倒みてやる―――”自宅の前で拾った青年・クロとエッチな同居生活をしていた鴻太の前に、謎の男・シーナが現れる。すると、クロが猫の姿になり鴻太の前から消えてしまった…!ラブあまな二人の運命は…!?クロが安心できる場所はたったひとつ  ■福永×シーナ編 シーナは人間の姿に変幻自在の猫だ。ある時、猫の姿のまま大怪我をしてしまい、運良く保護された先は、猫好きでコミュ下手...
  • 猫とスピカ3【電子限定描き下ろし付き】
    家の前でひとり夜空を見上げていた青年を拾った鴻太。 クロと名付けて世話をしているうち、ふたりはエッチする関係に そんなクロの正体は、なんと真っ黒な猫だった…! ふしぎなラブえろ生活満喫中のふたりの前にクロの出生を知る者が現れて……? 「行くなよ、帰ってこれなくなったらどうすんの?」 ――クロと鴻太、愛があふれるエロきゅんラブストーリー  “なあ、ソレ挿れたくない? 俺もう限界なん...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

同じジャンルの本を探す

猫とスピカ ページトップヘ