プロレスが死んだ日。 ヒクソン・グレイシーVS高田延彦 20年目の真実

プロレスが死んだ日。 ヒクソン・グレイシーVS高田延彦 20年目の真実

作者名 :
通常価格 1,584円 (1,440円+税)
紙の本 [参考] 1,760円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

ヒクソンの圧勝、高田の惨敗。あの日から、格闘技界の様相は一変した。リアルファイトである総合格闘技人気が爆発。昭和の時代から定着していたプロレス人気が消滅した。ヒクソンVS高田戦は、いかにして実現したのか? 対戦の裏側には、何があったのか? そして、ヒクソンの決意とは!? プロレスの全盛期から、総合格闘技の黎明期、PRIDE全盛期まで第一線で取材・執筆を続けた著者が、20年間を詳細に振り返り、真実に迫る!

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社インターナショナル
ページ数
272ページ
電子版発売日
2017年11月24日
紙の本の発売
2017年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

プロレスが死んだ日。 ヒクソン・グレイシーVS高田延彦 20年目の真実 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年10月07日

    ヒクソンの圧勝、
    高田の惨敗。

    格闘技としてだけではないでしょう。
    ヒクソンの考えや振る舞いが、本当にかっこいい。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています