河童の懸場帖(かけばちょう) 東京「物ノ怪(もののけ)」訪問録

河童の懸場帖(かけばちょう) 東京「物ノ怪(もののけ)」訪問録

作者名 :
通常価格 693円 (630円+税)
紙の本 [参考] 711円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

現代――。あやかし達だって、悩みながらも一生懸命、生きています。

配置薬販売のニワトコ薬局No.1販売員の河野遥河(かわのはるか)は、容姿端麗、物腰柔らかで女性社員から大人気。だが大きな秘密がある。それは真の姿が「河童」だということ。

河野の顧客はクーラーで冷え症になった雪女や、ゲームにハマりドライアイになった山神など、現代病に悩む「物の怪」。河野は彼らに薬を届ける傍ら、悩みを聞いているのだが、口々に語られるのは人間との切なく悲しい過去で――。

くすっと笑えて、じーんと考えさせられる、現代を生きるあやかし達の物語。

※懸場帖……かけばちょう。配置薬の販売員が持つ台帳のこと。薬を置いてもらっている顧客情報が書かれている。

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / その他男性向けラノベ
出版社
マイナビ出版
掲載誌・レーベル
マイナビ出版ファン文庫
ページ数
288ページ
電子版発売日
2017年11月03日
紙の本の発売
2017年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

河童の懸場帖(かけばちょう) 東京「物ノ怪(もののけ)」訪問録 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年12月19日

    思っていた展開と異なったけど、最終的にとても温かい気持ちで読み終えました。
    妖怪が住みにくい世の中をこういう解釈もあるんだなぁと。
    ここの妖怪さんたち、みんな幸せに過ごしてほしいものです。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    holgura 2020年02月12日

    ジャンルが男性向けライトノベルなのが何故なのかわからない。
    あやかしと人間が同じ場所で上手く付き合いながら生活しているほのぼの系だと思う。
    楽しめました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月23日

    表紙のイメージから、河童さんは超クールキャラなのかと思ってたので、いい意味で裏切られた。ほんわか河童さん好きです。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2021年10月20日

    かっこいいけど帽子を外すと円形脱毛・・・じゃないお皿がある河童の河野さんと配置薬の営業を回ることになり、そこから色んな妖怪と関わることになる話。
    人間に忘れられてしまう点はどうしようもないとはいえ切なくなりますが、これからは楽しく過ごして欲しいです。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

マイナビ出版ファン文庫 の最新刊

無料で読める 男性向けライトノベル

男性向けライトノベル ランキング